2017年3月26日日曜日

オロフレ峠展望台分岐から1058m峰へ(2017年3月25日)


今回もオロフレ峠をブラブラしにやって来ました。
そろそろ近場で雪を楽しめる場所も少なくなってきたなぁ。
さて、今回の目的地は正面奥に見えている1058m峰です。




雪原をのんびり登っていきます。
やはり青空が顔を出していると風景が綺麗です。




くぅ~~~っ。雪原とダケカンバと青空。たまりませ~~~ん。




斜面を登坂中、振り返ると洞爺湖が良く見えました。
そして、おやおや。雲行きが怪しくなってきたような...




写真中央右の尻別岳は良く見えていますが、その左隣の羊蹄山は残念ながら雲の中。




尾根まで登って来ました。
伊達方向の太平洋が良く見えています。




では、1058mピークまで歩きます。




ピーク着。すると、南東方向に異様なものが見えました。
あれは...あのクレーターみたいな噴火口は俱多楽湖です。
ここから見ると隕石でも落ちた? って感じです。「君の名は。」みたい(笑)。




洞爺湖もここから見ると中島の様子などが良く分かりますわ。
うーん。眺望が良いせいか、これは地味に楽しいのです。




海老の尻尾とオロフレ山。
さて、雲行きが若干怪しくなってきたので、今日はここまで。
そそくさと下山を開始しました。




下山中、時折出る日差し。雪面に写る樹の影。いいね!
最後に、眺めの良い場所で軽い昼食と珈琲を楽しんで、この日の山遊びは終了でした。

今回は洞爺湖と俱多楽湖の風景が印象的だった。
特に、俱多楽湖かなー。あんなにも見事な円いすり鉢状に見えるとは思いませんでしたぁー。


撮影機材: OLYMPUS E-P2(Lens:LUMIX G 20mm F1.7 ASPH. )

2017年3月22日水曜日

3月の羊蹄山(2017年3月12日)


雪原から眺める蝦夷富士。
どこから見ても立派な山。
この山が北海道にあって良かったと思う人は多いだろうな。


撮影機材: CASIO EX-ZR3000

2017年3月21日火曜日

一杯のエスプレッソ


エスプレッソの物撮り。

写真はグアテマラの珈琲豆から抽出された一杯。
強烈な酸味が舌の神経を経由して脳細胞を直撃する、大人の飲み物だ。
これを考案した人は凄いと思う。


久しぶりにお古のE-P2を連れ出して撮影しています。
なかなか面倒なカメラですが、決まるとそこそこいい画になる。
そこが可愛い。


撮影機材: OLYMPUS E-P2(LUMIX 20mm F1.7 ASPH.)

2017年3月20日月曜日

イワオヌプリ周辺をブラブラ


今回はこっちの山(イワオヌプリ)をブラブラしてみよう。




前回の山(ニセコアンヌプリ)の上空も快晴。




イワオヌプリの倶知安町市街方向が見える斜面までやって来た。
山頂の岩が見えるが、雪がグズグズで斜度も急になるのでこの辺りでやめておいた。



右手の奥に余市岳が良く見えた。
その手前に倶知安市街地も見える。




ニセコアンヌプリもピッカピカ。




ワイスホルン方向から声が聞こえてきた。
しばらくすると、数名のボーダーが斜面を登っていったが、山頂まで登るのはあきらめて、途中から滑り出していた。

ピッカピカな風景を眺めながらの珈琲とビスコッティは、今日も格別だった。

帰宅後、鏡を見ると顔が赤く日焼けだ!不覚!!
(*_*)


撮影機材: OLYMPUS E-P2(LUMIX 20mm F1.7 ASPH.)

2017年3月19日日曜日

フィラメントの美しい電球


フィラメントの美しい電球を物撮り。
たまにはこんな被写体もオモシロイ。


撮影機材: ZTE BLADE S