晩秋の黒松内 歌才のブナ林(No.03)


この写真、かなり気に入っている一枚です。太く立派なブナの幹、そこに濃い黄金色のブナの葉。

毎年、秋の歌才ブナ林に通っていますが、これほど濃い黄金色のブナは見たことが無かったかも知れません。きっと葉が地面に落ちる寸前だったのでしょうね。

その証拠に、風の当たる山の上の方は、枝から葉が落ちていました。本当に良い時期は、とっても短いのです。

歌才のブナの平均樹齢は150年と言われているようです。数世代前のご先祖様が生まれた時からの木という事になります。

道理で歌才のブナを訪れると元気になる訳だ。今回も生命力を分けて貰えた感じです。
そうそう。ブナのお勉強は、このURL ↓↓↓ を見てくださいね。面白かったですよ。
(^_^)

晩秋の黒松内 歌才のブナ林(No.02)


今朝の写真は、縦位置のブナ写真です。黄金色が伝わりますか? まだまだ“まとも”な写真過ぎて、これでは自分らしく無いですか?(笑)。

分かりました。次は幹にくっついて撮影した、変な(?)私らしい写真を掲載したいと思います。

この日の歌才ブナ林は、相変わらず静かな山歩きを楽しめました。面白かったのが、年配の写真愛好家倶楽部の方々が大勢来ていたことでしょうか。

その方々は、大きな三脚に高級ボディー+高級レンズを取り付け、ブナを撮影していたり、倒木のキノコを撮影していたりしていました。中でも、キノコには人が群がり、『こうか?いや、こうか?!う~ん...』とひたすらキノコ撮影です(笑)。

ちゃっかり私も...ええっ。仲間に入り、写しましたとも。そして私も...『んっ?こうか?!』になっていました。その写真はこの連載中のどこかで...
(^o^)

晩秋の黒松内 歌才のブナ林(No.01)


タイトルの通り、晩秋の黒松内は歌才のブナ林を訪れてきました~♪ もう、毎年これを見ないと秋じゃない!冬も迎えられない!! そんな黄金色のブナ。

今年は仕事の関係で、思っていた時期よりも1週間ほど遅めの訪問となりました。雪や風の影響でしょうか。かなりの葉が地面に落ちていました。

それでもまだ、相当の葉が枝に付いた状態を保っておりまして、濃い黄金色を見せてくれていました。これから数回に分けて、色々なブナの様子や林の中での1ショットをお届けしたいと思いま~す。ちょっとだけ楽しみにしていてくださいね。
(^_-)-☆

ただいま帰宅直後です!


ふうっ。やっと帰宅しましたぁ~~~っ!やっぱり時間がかかりました。

行ってきたところは...
第一ヒント。上の写真です。『ドングリころころ、どんぶりこ~♪』に注目、じゃないよ!違うところにヒントだよ。
第二ヒント。札幌から往復350kmほどの距離でしたぁ~っ。
第三ヒント。毎年恒例です!!(これで分かる人は分かる?)

先ずは、良さそうな写真を1枚選択するので、ちょっと待ってくださいね~~~っ。
(^o^)

本日は晴天なり!

空を見上げると真っ青。

ちょっと行くっきゃない! どこか、ブラブラしてきま~~~す。
(^_^)

一週間、長かった~~~!


やっと一週間の仕事が終わりました。先週からずっと休み無しで働いてきたので、なんだか今週はとっても長く感じられました。その割には、仕事は進んでないような気もしますけれど...

北海道の遥か南では台風が大暴れしているようですね。日曜日には北海道もその影響を受けるのでしょうか。紅葉を楽しめるのも、そろそろ終盤ですね。雪やら風やらで葉がどんどん落ちていきます。

そんな落ち葉の絨毯でできた道の写真を掲載します。2005年の手稲山で撮影しました。この道、独り占めだったので~す。
(^_^)

お古パソコンをWndowsからUbuntu 10.10へ


今朝はまたまたお古のパソコンからブログを更新しています。
いままでお古PCにはWindows XP Proを入れて使っていたのですが、やっぱり時間が経過するにしたがって、動作が重くなり使い物にならなくなりました。

そのような訳で、またまた無料のOS、Ubuntu 10.10(最新版)に変更です。いままでのバージョンよりも動作が軽快な気がします。かなり改良されたのかな。

さてさて。今日でやっと金曜日です。疲れが溜まったのか、一週間、とっても長く感じました。もう一頑張りです。
(^_^)

今度は5年前のいま時期


今朝は2005年のいま時期に撮影した手稲山麓にある『カッコウの森』での1ショットです。この薄い葉の色が何とも言えなかったので撮影したのだと思います。

今日は木曜日です。天気もまあまあ。体調もまあまあ。一歩、一歩、かな。
(^_^)/

大都会の雪と紅葉


今朝はテレビでも報道されていたとおり、札幌市周辺地域には湿った雪が積もりました。それでもお昼頃にはすっかり溶けたのですが...

溶けていない場所がありました。そこは道庁の中庭。地面が真っ白。木々は紅葉。とっても綺麗な風景でしたー。
(^_^)

ベチャベチャの雪


2004年11月6日の藻岩山です。すっかり落ち葉の登山道となっていたのですね。記憶が微かになっていました。写真は記憶を蘇らせてくれるので良いですね。

今朝は起床してから窓の外を見て、『やっぱり!』です。湿ったベチャベチャの雪が降り積もっていましたよ。いよいよ冬ですねー。

皆さん、愛車はスタッドレスタイヤに交換しましたか? 私は早めに交換済みなのです。冬の準備、早め早めが安全ですよー。
(^_^)

目にいい写真かもー


今朝の写真も2004年に撮影した伊達紋別岳での1ショットです。左奥に有珠山が見えていますよ!

とっても雄大な雰囲気の写真なので、大きいサイズで掲載してみました。是非とも写真をクリックして、大きな写真を見てくださいね。遠景を見るような感じになって、目が良くなるかも知れませんよー。なんちゃって。

今週は休みが無かったので、週末まで長く感じそうな一週間です。そして今日は火曜日。先ずは一日、頑張ります。
(^^)

仕事疲れを吹き飛ばせ!


金曜日から土曜日、日曜日と超激務を乗り越えた月曜日の今日、さすがに体はボロボロ。睡眠不足もバリバリ。仕事は超低空飛行でありました~~~。

なんとか1日の仕事を終えた後、仕事の疲れを吹き飛ばす作戦を敢行。行きつけの蕎麦屋にGo!

注文したのはドーピング蕎麦こと、『長芋田舎蕎麦』。左上から長芋の揚げ物、山芋のとろろ、刻み長芋が入っているのでありま~す。この蕎麦で体力回復を目指します。

実は、更に五穀とろろ御飯も追加。『これでどうだぁ~~~っ!!』、の長芋タイフーンであります(笑)。

結果は.........体力回復なれど、食べ過ぎでした。ガクッ。
(。ヘ°)ハニャ

さっ...明日からまた頑張ろうっと...

黄昏れて月曜日


写真は昨日の黄昏の空。少し燃えていました。そして今朝は月曜日。

なんだか疲れたままの状態で一週間がスタートしてしまいました。ECO操業で週末まで乗り切らなくては...
(^_^)

伊達紋別岳の季節かもー


今朝は2004年のいま時期に登った伊達紋別岳です。山頂までの尾根道、左に太平洋、右に山並み(ちょっと送電線の鉄塔のおまけ付き)。山頂に立つと洞爺湖も見えるのです。

あと、この時期は坊主山の季節でもありま~す。もう少ししたらバッチリかも知れませんね。11月に入ったら行ってみようかな。

さあ、今日もこれからお仕事です。頑張らなくちゃ。
(^_^)

本日は晴天なれど


本日は晴天なれど、お仕事です。週末返上なので、山は無しよ!

今日なら天気が良いので、空沼岳の真簾沼はきっとこんな感じなんだろうなー。
山にお出かけ出来る人は、是非とも行ってきてくださいねー。
(^_^)

6年前のいま時期は...


今朝は朝靄が若干かかった青空。ソフトフォーカスっぽくていい感じ。

似たような空が6年前(2004年)のいま時期に登った積丹岳からの空。山頂から海を撮影した写真です。

空から海へ、ボヤ~ッと続いている色が好きです。
(^_^)

ヤンベ温泉の湯煙


今朝の写真は、大雪高原沼巡りをした時のものです。場所は、ヤンベタップ沢の手前からヤンベ温泉の湯煙を眺めたところです。湯煙と紅葉、高根ヶ原、そして沢(湯煙の下)が小さく見えます。

昨夜は夕食後、0時頃まで床に倒れたまま寝てしまいました。目が覚めた時には、全身が冷え込んでいまして、自宅で遭難状態でしたーーー。危ない、危ない(笑)。

最近、また体重が減少傾向なので、少し食べる量を少し増やしています。体が素直なのか、食べる量を減らすと体重も見事に比例します。適正体重の維持って難しいです。
(^_^;)

毎日ちがうハズ


社会人として職場で働いていると、毎日があまり代わり映えがしない、同じような日々という感覚に陥ることがありませんか? 特に夜、寝る前とか『自分、今日、なにしてた?』とか...

よく思い出してみると、同じ日なんて一度も無いし、毎日想定内&想定外なことがあったりします。こうしてブログを書いていなかったら、もっと単調な日々に感じているのだろうか。どうなのだろうか。

さあ、今日も昨日や明日と違うハズだぜ!Baby!

写真は、大雪高原沼巡りで撮影した紅葉です。4色パックになっておりま~す。大きくして見てね。
(^_-)-☆

帰宅時の気温は6度


今夜は冷え込んでいます。帰宅が19時頃になったのですが、その時の外気温が6度でした。さむ~い。天然冷蔵庫です。

この季節、朝晩は寒くてちょっと厚着。でも、日中は室内が少し暑くなる。衣服で体の温度調節を細かくやらないと体調を崩してしまうかも知れません。皆さん、お気を付けて...

写真は石垣山で撮影した、おそらく最後の最後に咲いたツルリンドウの花です。同時に実も見たのですから、この花は実をつける暇が無いかも知れません。最後の最後にありがとう!
(^o^)

斜里町のニュースは凄かった


昨夜のニュースを見ていたら、斜里町の街中をヒグマが3頭歩いていたって...これって...やっぱり食糧不足のせいでしょうか?それにしても、危ないですね。恐いですね。

今年は私も数回、ヒグマに遭っていますが、基本的に遭遇率の高い年だったのですね。少し納得です。

写真は、石垣山の時に撮影した青空と紅葉です。白樺とトドマツのデュエット♪ 大きくして見ると、いい感じですよ。

さあ、少々体が怠くて変な感じだけれど、とりあえず出勤するか!
(^_^)

今朝は結構寒かったかも


いよいよ冷えてきたかもー。そんな朝でした。私、日々、布団からの脱出に時間がかかるようになってきました。

こうなってくると、今年の夏靴での登り納めが近いと感じます。登り納めはいつ頃になるかな...

写真は、先日掲載した紅葉を別アングルから撮影したものです。こうして見ると、結構葉が落ちちゃっていますね。まっ、いっか。
(^_^;)

紅葉の定山渓天狗岳


札幌市は南区 定山渓の白井川沿いから撮影した定山渓天狗岳です。

あいにくの曇り空だったので、紅葉の色合いが鮮やかに見えませんが、今年の紅葉は発色がいま一歩のようで、どこもこのような状態でした。

それと、定天の登山口も見てきましたが、駐車場に結構な車がありました。皆さん、登っていたのかな?

帰り際、ゆっくり車を流していると、白井川で渓流釣りをしている方々にも会いました。話しかけてみると釣果は無しとのこと。水量が少なかったからかな?

さて。今週は週末も休み無し。長い一週間の開始で~す。
(^_^)

定山渓 白井川にて


今日は昨日からの目標だった温泉に向かいました。向かう先は、札幌市南区の定山渓に決定です。

普通に向かったのでは芸がない。だから、朝里側から定山渓に入りました。途中、定山渓天狗岳の登山口へ向かう道路に入り、白井川沿いの紅葉を楽しんでいたところ...

道路の上から見ると、下の川辺に綺麗な紅を発見。登山靴に履き替えて、笹藪をかき分け河原へ下りました。
その写真が1枚目の写真です。数枚撮ったので、あとで掲載していきたいと思います。



2枚目の写真は...はい。もちろん、足を滑らせて川に落ちましたとも(笑)。ベッショリです。
 (^o^)

雨上がりの青空


今朝は雨上がりの青空が広がっています。雲も高いです。秋って感じ。

日光の当たるところにあるナナカマドの葉は、少し赤く変わってきました。でも、日陰の方はまだ緑色。寒暖の差が日光の当たり方で変わるのですね。

さっ、今日は所用を済ませてから温泉に繰り出そうと思います。楽しみ、楽しみ。

写真は石垣山の下山時に撮影した富良野岳方向の紅葉です。とってもいい感じでした。
(^_^)

すっかり寝坊な日


今日は空が青かったなぁ~っ。ところが、今日は山を軽く歩こうと思っていたのに朝寝坊。

すっかり出遅れてしまったので、温泉にでも繰り出そうか。なんて思っても、部屋でグズグズ...

やっと昼から行動を開始して、髪を短めにカットしてきましたー。久しぶりの短い髪、いいじゃん!

明日は天気イマイチみたい。せめて温泉に行きたいなー。写真は、石垣山で良く見かけた実です。なんだろう?
(^_^)

空へ


人は皆 こんな空の上へ ふわふわと 登っていければ いいね。
(^^)

石垣山のチングルマ


ふうっ。今週も火曜日から金曜日までの通常勤務が終わりました。自分にお疲れ様と言いたいです。

でも、今日は社長に、『お前のところの仕事は何やっているのか分からん。』と言われ、かな~り凹みました~~~っ。まっ、TOPにしてみれば、所詮、そんなものなのかな...分かってくれる人もいるから、まっ、いっか!

今夜は石垣山のナッキー訪問の時に撮影をしたチングルマです。花の終わったフワフワさんと、真っ赤な葉の絨毯をお楽しみくださ~い!
(^_^)

急激に寒くなってきました


昨夜は部屋のストーブを点火しました。いよいよ急激に寒くなってきました。いよいよ雪が近い雰囲気が...

それと、昨夜は23時頃に地震がありました。結構揺れたなぁ~。震度3くらいだったのかな?
地震ばかりは対処のしようがありませんね。ただひたすら収まるのを待つだけです。苦手だなぁー。

さっ。今日は金曜日、一週間の〆の日です。良い日になるかな?
(^_^)

今年は山のドングリが不作


テレビのニュースで言っていました。今年は山の中のドングリが不作だそうです。

このドングリは脂肪分が多く、山の動植物には大切な食べ物だそうです。その大切なドングリが不作で困った熊が麓に下りてきて、人間とはち合わせをして事故になってしまうそうです。

やはり猛烈に暑かった今年の異常気象が影響しているのでしょうね。自然のバランス、大丈夫なのかな。心配になってきます。

写真は石垣山でナッキー撮影の後、下山をしている時に撮影しました。なんとなく紅葉している斜面です。大きくして見てくださいね。
(^_^)

美瑛富士は美しい


今朝の写真は美瑛富士です。なだらかな肩のラインが美しいです。やはり富士なのですね。

石垣山に冷たい雲がかかってきた頃、美瑛富士にもこのように同じ雲がかかってきていました。

それでも、この時期にしては暖かい山行だったと思います。

さて、今週末頃からは、いよいよ気温も急速に低下して、かなり寒くなるとの予報です。

北海道の山や峠には雪が降るのかも知れませんね。冬将軍、到来かな?
(^_^)

美瑛町 白金 石垣山 そして下山


楽しいナッキーとの一時も雲行きが怪しくなってきたので早々に切り上げとなりました。

さっそく天候が悪化しないうちにと下山を開始です。ちょっと名残惜しい感じでありました。


足下には赤と黄色と緑が綺麗。あれっ?この緑色の葉はウラシマツツジ?!赤くならないのかな?あれれっ?


『えっほ、えっほ』と天然庭園の巨石地帯も乗り越えてぇ~っ。だぁ~れも居ない登山道を登山口へと戻っていく~っ。

石の多い地帯も越え、道もかなり歩きやすくなり、登山口も近くなったその時...十数メートル先の目の前を何か黒くて大きな物体が右から左へ横切り...『ガサガサ、バキッバキッ!』と枝を折りながら笹藪の中に消えていった...

慌てて数メートル後ずさり。あれは何?巨大な狸?いやいや、巨大なうり坊か?!黒いエゾシカか?!一瞬のことだから分からず。
きっと巨大なうり坊が横切り、驚いた私が腰を抜かしたに違い無い!!なっ、なんてこったい!!!

いま時期の麓は少し要注意。上よりも、下の方が、危ないよ。
ちゃんちゃん。
(^_^;)

美瑛町 白金 石垣山のナキウサギ ~ 横姿編 ~


耳の入口にもフワフワな毛があるナッキーちゃんです。

あっち見て『ジ~ッ』と動かない。何を見ているのだろう?石の座り方がお行儀よさそう。


いや、やっぱりこっち見て『ジ~ッ』と動かない。そっちには何があるの?

う~ん。どうしようもないくらい、可愛いです!頑張って来た甲斐がありましたぁ~っ。

石垣山にたくさん住んでいるナッキー達が、無事に冬を乗り越えられる事を祈りつつ、下山するのでありました...また会いに来るね~~~。
(#^_^#)/~

美瑛町 白金 石垣山のナキウサギ ~ キョロキョロ編 ~


そう、約3時間かけて来たのは、ナキウサギのナッキー達に会うためだったのです。

その前に、お腹も空いたし疲れたので、ゆっくり食事をしてからナッキー撮影をしたかったのですが、どうも雲行きが怪しい...

そんな状況なので、直ぐに石垣山に取り付いて、ナッキー探しを開始しました。

石垣山に響く鳴き声を頼りに、『抜き足、差し足、忍び足』...すると、遠くで何やら石ころが動いているような感じが...

『おっ?!第一ナッキー、発見!』 遠くのナッキーは、右側を見て警戒をしています。


あっ、今度は左側を向いて警戒中。私の方は見てくれないのですね。それは好都合!


もっと大きく写したいので、またまた『抜き足、差し足、忍び足』で少し前進でありま~す。

あっ、また右側を警戒中。私は...『私は石...大きな石なのです...』の術を使っています(笑)。


おっ、今度は左側を警戒中。
『ヤバイ!目が合ってしまいそう!!』、視線をそらさなきゃ。あっ、そんな事をしたら写せない...(笑)...

う~ん。もっと近くで写したいなぁ~っ...ほふく前進でもしてみるか?!

ナッキー撮影はつづく...
(^o^)

美瑛町 白金 その場所とは...


さて、そろそろ登っている場所をお知らせしなくては。訪れているその場所とは...下の写真にヒントが...


写真にチラッと写っている赤い看板には...『美瑛富士小屋1.0K』、と書かれていますね。そう、ここは美瑛富士登山口から登っている登山道なのでありま~す。


はい。登山口から約3時間をかけて、やってきました美瑛富士小屋。ここが最終目的地でありま~す。いやはや、久しぶりに来てみましたが、意外と大変でありました。


ここで、『いんでないかい北海道』を見ている方々は、私が何をしたいか『ピーン!』と来たのではないでしょうか?w

そう。この石垣山をマンションとして住んでいる皆さんに会いに来たので~す。『みんな、元気にしていたかな~っ?』...『ピチッ!チキッ!(返事の声)』 おっ、元気そうですよ。

果たして私は、雲が流れてきているこの石垣山で、その住人達に無事会えたでしょうか。

またまたつづく。
(^o^)/

美瑛町 白金 どんどん登る


登り始めて2時間経過。意外と大岩が多く、滑って困難な登山道だという事をすっかり忘れていました。

2時間も登ると高山っぽくなってきます。足下を見ると可愛い実と葉の紅葉が見られました。

ほぼノン・ストップで登り続けている疲れた足を曲げ、この可愛い実を撮影です。何の実だろう?分からなくてもいいから写しちゃえ!


更に進むと美しい風景が待ちかまえていました。『おおっ、そうだった。こんな場所、あったよね。』、記憶が蘇ります。

それにしても、この時期のこの場所、いい感じなのですね。またいつか晩秋に訪れてみたくなりました。


この風景の足下の赤はチングルマ。『今年は紅葉したチングルマを見られないかも知れないなぁ。』、なんて思っていたので嬉しさもひとしおでした。

晩秋のチングルマをロックガーデンの岩と共に構成して撮影です。

さて。もう少しで目的地です。あと1時間くらいかなー。頑張ります!
(^o^)/

美瑛町 白金 まだまだ登る


約1時間の登坂をした頃の風景です。この辺りの空は秋晴れだぞ!気温もこの時期としては暖かい方です。

しかし...誰とも会わないなぁ~っ。やはり登山シーズンが終わっているからかな?

そして、登山道にはヒグマさんの香りがプンプンしているのです。鈴の音だけでは足りなさそうな場所は、『ホッ!、ホッ!、ホッ!』、と大きな声を発するのです。

いきなりはち合わせして、お互いビックリしたくないですよね...(ところが下山時に...)


少し開けた場所にでました。遠くにサリーちゃんのパパの頭みたいなトムラウシ山が見えていますね。

あれっ?なんだか雲行きが怪しくない?確かに明日は雨の予報だけれど...山の天気は平地よりも半日から1日ほど早く変化するから要注意ですね。


登坂を開始して1時間40分経過です。登ってきた下方を見ると...

白樺と針葉樹、そして終わりかけたその他の草花の紅葉が綺麗な模様を作り出していました。

まだ目的地には到着しないんだよなー。風景を眺めつつ、頑張って登るのです!
(^_^)

美瑛町 白金 今度は山の中


気分次第の『青い池』への寄り道を済ませた後は、白金の山の奥へ。

ピークを過ぎた紅葉の森でも、やはり森は綺麗。人気が無いのが最高!


Tシャツに超薄手の長袖という出で立ち。もちろん、登坂ですとも。

途中で寒くなった時用に、リュックは大きめの40Lサイズに衣類ビッシリ。カメラの重みも加わって、いったいなんなんだ?ってくらい思いたいリュック。

『目標は、あの場所でアレをすること!』 またまた、もったいぶる...つづく...
(^_^)v