初めて行った 高橋まんじゅう屋


ふん!最近、太り気味なのには訳がある!!

帯広市内を徒歩でぶらぶらした時、『高橋まんじゅう屋』を発見。
おおっ。老舗の雰囲気がする店構えではありませんか。
当然、素通りすること出来ず、入店でありま~す。

(実は...豚丼食べて、ここに来る前にたい焼き食べていた。)


おおおっ!これがチーズのまんじゅう。
ホッカホカだぜ、おっかちゃん(死語ですね...)。
饅頭に『チーズ』と焼き印されているぜー。


中身はこ~んな感じ。
なんて言うか、生地にチーズの成分が染み込んでいる感じ。
チーズがモロに入っているイメージだったので、これは意外。
軽い感じの食感で、これは...いいかも。お茶に合う!


当然、粒あんの方も食べてみる!(食べ過ぎだっちゅーの。)
これまた粒あんが軽い甘さでちょうどいい。数、食べられそう。
いや、だから、食べ過ぎだっちゅーの!!


店内でモグモグ食べていると...
他のお客さんたちが肉まんじゅうを買っている。

『...気になる...』 

買う。食べる!(だから、食べ過ぎなんだっちゅーのに...)
なんだか胡椒の香りとタマネギの味がする初めてのお味。
もしかして、これも癖になる味なんだろうな~、と思った。

そんなこんなで店を出る。
もう、お腹はパンパンになっている。
食べ過ぎなんだってば。
いくら市内を長い時間かけて歩いても、これでは...ダメ。
(-_-;) 反省。

太り注意報発令中


寒くなり、夏山シーズンも終わった近頃。

毎年なのですが、この時期は体が少々、太り気味。
運動量が低下しているのに、食欲は旺盛というアンバランス。

これ、なかなか対応に苦慮する事態なのです。
基本は食べる量を抑える必要あり。あと運動ですね。
外出時は歩く。エスカレーターに乗らない。
そんな細かな配慮も必要かなー。


写真は、コンパクトデジタルカメラのLX2で坊主山。
『道』を構図に入れるのが好き。そんな一枚です。
(^_^)

ぶら十勝 十勝ラガーは美味い!


国内で販売されている大手のビールはほとんどが苦手。

理由は炭酸がキツイからだ。
特に、缶のまま飲むなんて絶対に無理。
炭酸でお腹が爆発しそうになる。具合も悪くなる。

ところが、ドイツやイギリス、ベルギーなどのビールは炭酸が弱い。
しかも味わいが深い。そういうビールは大好き(外れもある)。

国内の地ビール。
これも大手のビールと違い炭酸が弱い場合が多いみたい。

さて、十勝をぶらぶら、ぶら十勝(もち、徒歩)。
『十勝ラガー』を『十勝ビール』に立ち寄り買ってみた。
果たしてどうだろう?夜、寝る前に飲んでみた。

冷えたグラスに注ぐ。泡立ちが細かく多い。
いい具合に炭酸が泡になって抜けていく。

ふむっ...味わい濃く、炭酸も思ったほどきつくない。
...美味かった。今度行ったら、また買おうと思う。

写真は、何故か六花亭 本店の店内にて撮影(笑)。
店員さん、ちょっと不思議な顔をして見ていましたね。
ごめんなさーい。
(^_^)

朝食を抜いて昼食に気合いを入れた!


本日は天気があまり良くありませんでした。だから山は中止です。

その代わり、今日は美味しいものを食べたい。
朝ご飯を抜いて食べたのは豚丼。空きっ腹にブタミンの補給!

この丼から溢れるお肉は、メニューでいうところの一番お肉の多い『華』という種類であります。
『華』 > 『梅』 > 『竹』 > 『松』 という盛りの順番でしたよ。

肝心のお味は...
肉厚でジューシー。しかも炭で焼いているので香ばしい。
タレも濃いめで、『これは食べないとダメでしょう!』。という丼なのです!

しっ...幸せでした。
ヽ(^o^)丿

鵡川町・稲里コース・坊主山 その4


坊主山の山頂から太平洋方向です。

遠くで海面が太陽に照らされて輝いているところを撮りました。
もちろん、得意の太陽入りの構図でありま~~~す。
そして、珍しく手持ち撮影なのに水平っぽく撮れていますw。



昨夜は急遽ではありますが、飲み会の開催となりましたー。
帰宅後、寒いので少し着込んで、そそくさと地下鉄駅へ。
向かう先は札幌駅前エリア。う~ん、焼酎を飲みまくりましたー。

それで今朝は二日酔い無し!
秘訣は、飲む前と飲んだ後のウコン。
それと、帰宅後にたくさんの水を数回に分けて飲むことでしょうか。
私は、これで二日酔いをかなり抑制していると思っています。

皆さんの二日酔い対策、他にあったら教えてくださーい。
あっ。そもそも飲み過ぎない。ってのは無しです!!
(^_^)

鵡川町・稲里コース・坊主山 その3


冷たい空気の中、奥に見える山頂へ足を進めます。

道にはうっすらと雪。滑らないように足取りは慎重に。


11:30、山頂に立ちました。

遠方には日高の山々がズラリと勢揃いしています。
これが見たくて、これが撮りたくてやって来ました。
今日は22mmの広角レンズを使用しています。
やっぱり28mmよりも迫力があるなぁ~~~。持ってきて正解!


少しアップで撮影です。

日高山脈、カッコイイです。さすが山脈です。ず~っと山。
この後、寒さに耐えつつ食事をして、一時間ほど山頂からの眺めを楽しんでいました。



最近、急に空気が乾燥してきて、喉を痛めている人が多いようです。
喉から感染症になる人も見受けられます。
皆さん、うがい、手洗いをして、睡眠をたっぷりお願いしまーす。
(^_^)

鵡川町・稲里コース・坊主山 その2


登山道から右手の斜面を眺めると白樺と青空。

空に雲が少しあるのがまたいい感じです。


坊主山の全容が見えてきました。

稜線が明瞭に見えます。針葉樹がアクセントになっていい感じー。


小屋を過ぎ、山頂へ向かって歩いていく途中で夕張岳を眺めます。

更に遠方には、十勝連峰なのか大雪なのか、それらしき山々も。
さあ、もうすぐ山頂なのでありま~す(つづく)。


さて。今日は木曜日。外は雨が降っているようです。
気温が高めなのでしょうか。また雪が溶けちゃいました。
(^_^)

鵡川町・稲里コース・坊主山 その1


勤労感謝の日。みんな!勤労、感謝してたぁ~?

私は自分で自分に勤労感謝をするために鵡川町へ。
そう、こんな天気が良さそうな日は、あの眺望の良い坊主山が最高なんだなぁ~~~。
相変わらずの手強い林道を乗り越えて登山口へ到着です。


『うひょー。』
空気が冷たくて肌に刺さる。でも澄んでいて気持ちいい。
見上げると真っ青な空が最高です。

今日はこんな空だろうと予想して、お古の一眼レフを持参しました。
貴重な晴れは、オリンパス・ブルーで写したいですから!


足下が凍り付いている登山道を“ザック、ザック”と登っていきます。
いよいよ気温はマイナス。でも歩いているから暑い、暑い。
腕をまくって、上着も脱いじゃったりして。
ついでにシャツを捲り上げて、お腹も出しちゃえ!(ヤリスギ)

そんな感じで登っていくと、登山道脇に大きなツララを発見。
見事な大きさだわ。う~~~ん。こりゃ、寒いハズですね。

この後も、雪と氷を踏みしめたルンルン登山は続くのです...
(^o^)

ブラックアイスバーンな季節


昨夜も今朝も、道路はご覧のとおりブラックアイスバーン状態。

昨夜の運転では路面がツルツルで緊張を強いられました。
今しばらくこの状況が続くのでしょうね。
まあ、そこは北海道人。そのうち慣れますけれどねー。


こんな時は癒し系の写真でも掲載しておこうかな。

これは雨の黒松内町 歌才の林で撮っておいた一枚です。
やっぱり苔の緑は心が落ち着きますよね。ふうっ~~~。
(^o^)

いよいよ雪


朝、目覚めてみると外は雪が降り積もっていました。

これは窓から見た交差点の様子。
道路の光の帯は、自動車が通過したものです。
あっ。左上に人が走っている!(笑)

いよいよ雪。本格的な冬の始まりですね。


これは五色温泉にあるキャンプ場からニセコアンヌプリ。
ついこの間までは、こ~んな感じだったのだけれどなー。

なにはともあれ。今週も始まります。
(^_^)

静かに過ごす


葉のすっかり落ちた樹にはたくさんの実。

冬期間の野鳥などの貴重な食べ物であり、次世代へ続く種。
こういう写真、いままで撮ったこと無かったです。
はて。こんな写真を撮るようになったということは、老けたかな(笑)。


今日はずっと静かに過ごしていました。珍しいことです。
それでも愛車のワイパーを冬用に交換したり、熱帯魚の水槽の水替えと濾過槽の掃除をしたり、デスクトップパソコンの本体内部の埃を清掃したりしていました。

それ以外は...筋トレして、iPad2でマンガ三昧かな。


そうそう。ホームページの『北海道 山好きドットネット』(http://www.yamasuki.net)ですが、しばらく放置していたこともあり、新たに作り直すこととしました。
再会までは今しばらくかかりますが、どこかに移転したいと思っています。
もしかしたら、ドメイン名も変わるかもです。
新装開店したら、このブログでお知らせしま~~~す。
(^_^)

暖かな日


今日はちょっと暖かな一日でした。

天気は小雨が降ったりする曇り空。でも気温は10度以上。
とても過ごしやすかったと思います。

でも、いまは冬なんだよねー。
だって、ほら、今日撮影した写真。雪の上に...ね!
(^_^)

夕暮れ時のカラマツと青空


カラマツの黄金色、夕陽では更に黄金色。いい感じ。


最近は、ミラーレス一眼の記事に釘付けな日々を過ごしています。
最新機種で風景を撮ったら高画質なのかな?どうなんだろう...


そうそう。昨日は少し風邪気味な雰囲気がありました。
予防措置として、早め就寝を決め込み!今朝は大丈夫そう。
急に寒くなってきたので、皆様も気をつけてください。
(^_^)

残っていた紅葉


三角山に紅葉が残っていました。

ちょっと遠くだったので、木々の間に隠れた感じで写っています。
殺風景な山には貴重な色だったので、構図的には厳しかったのですが、無理矢理に撮影です(笑)。


長男、経過が良好とのことで、いきなり退院となりました。
帰宅をしてみると、体力が落ちているようでヘロヘロ・フラフラ状態です。
回復までには今しばらくかかるかなー。
(^_^;)



うわっ。今朝、窓から外を見たら、雪が降り積もってこんな感じ~!
(・_・)

積雪直前?の寒い朝


今朝はかなり冷え込んでいます。道路はシャーベット状とか。
それでも家の窓から外を見ても、積雪はしていませんよ。
もしかして、これからなのかな? さあ、今後どうなるか...


クリスマスまであと1ヶ月ちょっととなりました。
そろそろ全国各地でイルミネーションの点灯が始まりますね。
今年は札幌大通り以外のイルミネーションでも撮ってみたいな。

写真は夕暮れ時の三角山にて。
(^_^)

夕暮れ時の手稲山


三角山から夕暮れ時の手稲山を撮ってみました。

これもお古のカメラで撮影したものです。
お古ですから、今どきの標準装備である手ぶれ補正機能は搭載されていません。
だから、手ぶれしないように自分で考えて、慎重に撮影感度や絞り、シャッタースピードを設定して撮る必要があります。
いいですよ。たまにはお古のカメラもね。


天気予報では、今夜から雪かぁ~~~。
いよいよ本格的に冬です。とうとう来たか~~~。
(^_^;)

三角山 カラマツ


三角山の夕暮れ時、カラマツを見上げていました。

春の黄緑色も綺麗ですが、秋の茶系色も好きな色合いです。
そうそう、葉の落ちた山の中は、野鳥の観察には最適で、色々な鳥たちを見ることができました。
望遠レンズや双眼鏡を持参しても楽しそう。


さて。今朝はしっかりと雨模様となっています。
これが冷え込んでくると雪になるのでしょうね。
(^_^)

夕暮れ時の三角山


夕暮れ時、フラリと三角山へ。

この写真もお古のカメラで撮影しました。
古くてもいい色が出ているんだよな~。
空の色なんて、しっかりと夕暮れ時の雰囲気を描写しています。
暗部の登山道もちゃんと写っていますよ。


そうそう。その後、長男は経過良好。
両方の肺をバッサリと切除したので、現在は空気の漏れが発生していないかどうか、慎重に様子を観察するフェーズに入っています。
体に入っていたチューブ類の数も減ってきました。
順調に経過すれば、退院まであと一週間か十日ほどなのかな?!
頑張れ、頑張れ!
(^_^)

ニセコ野営場からイワオヌプリ


この時期のニセコ野営場は訪れる人も無くてとっても静か。

目の前にはすっかり紅葉が終わったイワオヌプリが見えます。
こんな時期のお昼時でも、数名の人がイワオヌプリを登っていくのが見えました。
山頂付近は寒いでしょうね。だって、ここも結構寒い!(笑)

お古のデジイチでの一枚でした。
(^_^)

穏やかな天気


今日は穏やかな天気が一日続きました。

こんな日は、お古のカメラを持ち出して、ブラブラするのが吉ですね。
そんなテキトーな写真は明日にでも...

上の写真はイチャンコッペ山を下山して、支笏湖畔で撮った一枚。
遠景の山と湖面だけでは季節感がいま一歩だったので、紅葉した葉を入れてみました。
なんかいい感じになりましたよ。
本当は水平線が斜めになっていたのですけれどね(笑)。画像ソフトで直しました!

そうそう。長男の入院手術の費用を聞いて驚き!
全部で90万円を超えそうなのです。
世の中にはもっともっと高額な医療費の人もいるとは思いますが、私の場合、普段は歯医者とか風邪で内科にかかる程度なので驚いちゃいました~。
純粋な持ち出し額は20万円未満かなぁ~...
(◎-◎;)

イチャンコッペ山 支笏湖の湖面


イチャンコッペ山から下山中に支笏湖の湖面を撮ってみました。

湖面がキラキラと乱反射する様子はまた格別なものがあります。
写真の左上には小さくトンボも写っていますよ。秋の支笏湖でした。


さーて。本日やっと金曜日といった感あり。
天気は概ね良好。でも明日は曇り空のようですねー。
週明け月曜日からの予報は雪マークが水曜日まで続いています。
一気に真っ白になるかな?!
(^_^)

イチャンコッペ山 山頂手前


あの上り坂の上がイチャンコッペ山の頂上です。
フフフッ。なんだか人の頭のような感じにも見えますよね~。
木々が髪の毛、登山道が血管、緑が地肌、みたいな(笑)。


今日は職場に出ました。
いやはや、妙な疲労感に包まれながらの勤務となりました。
夕方には既に燃え尽き系。頑張れ自分!なのであります。


ニュースを見ると、TPPの交渉参加の件で大騒ぎですね。
交渉参加になれば、きっと協定を結ぶことになり、関税撤廃になるのでしょうね。
それにより、メリットのある産業、デメリットのある産業、様々なのだろうなー。
(^_^)

イチャンコッペ山 太陽の風景


イチャンコッペ山の頂上から撮影した一枚。

太陽が水面を照らす様子が分かると思います。
樽前山、風不死岳、多峰古峰山のシルエットもいい感じ。


長男の手術は、4時間かかり無事に終了しました。
あとは術後経過が良好となることを祈るばかりです。
(^_^)

イチャンコッペ山 空と支笏湖と恵庭岳


イチャンコッペ山から撮った一枚。

澄み切った青い空が印象的。
だから、空の比率を多くして撮りました。
支笏湖の水面がピカピカと輝き、恵庭岳は噴気を上げながら堂々と鎮座する景色は、いつまでも眺めていたい風景だったなぁ~。


さあ、今日は長男の2度目の試練です。
頑張ろう!お~~~っ!!
(^_^)

イチャンコッペ山 一列縦隊


はい。ちゃんと一列に並びましょう。そんな一枚です。

前回の写真は登坂中、山頂に向かって左側の斜面を撮影。
この写真は右側の斜面を撮影しました。整然と並んでいて、見ていて気持ちが良かったですよ。


今朝、テレビの天気予報を見たところ、今夜遅くから雪交じりの雨が降るかも知れないとのことでした。
いよいよ本格的な冬が始まるのですね。寒くなるぞぉ~~~。
そう言えば、昨日の職場内はメッチャ寒かった。
防寒対策にはまだ早い気がするし...難しい季節かも。
(^_^;)

イチャンコッペ山 ダケカンバ


反射板を通り越し、山頂へ向かっているところです。

写真の右端が登山道。
ダケカンバが青空に向かって、皆でバンザイをしていますよ。

この日は小学校低学年の子供達が集団で登っていました。
皆、大きな声で『こんにちはー』と言うものだから、こちらもつい大きな声で返したりして。
登りやすい山ならではの光景でした。


昨日は秀岳荘 本店に駆け込みました。
なんとセールは昨日まで。危ない、危ない。

はい。買いました。THE NORTH FACEのレインウェア。
それとストーブの風よけ。
マウンテンジャケットも欲しいのですが、サイズが無かったので、それは後で海外通販かなー。
(^_^)

イチャンコッペ山 季節外れのスミレ


イチャンコッペ山の登山道で見つけたスミレです。

きっと間違って咲いてしまったのですね~。
この季節に咲いても、寒くてすぐダメになっちゃいます。
蜜を吸ってくれる昆虫たちも居ないし、孤独なスミレでありました。


日曜日の今日、天気が良くないですね。
予報通りの曇り空。う~ん。来週の天気はどうなるのか。
まだ来週のことを考えるのは早いか!
(^_^)

イチャンコッペ山 木々と恵庭岳


反射板へ続く道を歩いていて、振り返ると恵庭岳。

恵庭岳のみで撮影しても迫力があるのですが、木々を入れて撮ると違った良さを感じたりして。
こういう写真は、葉の落ちた晩秋ならではだと思います。秋の風景写真も良いと思いました。

そうそう。
この撮影直後、秋なのにマジで? という発見がありましたよ。
それは次のブログでお見せしますね~。


本日土曜日は曇り空。いまにも雨が降り出しそうな感じです。
予想最高気温は13度。まだ暖かい感じです。
雪が降り積もるのは、11月の後半になるでしょうか。どうかな。
(^_^)

イチャンコッペ山 青空


3日、イチャンコッペ山へ向かう途中の青空。

こんな森林の間を縫うように進む道が素晴らしいのです。
針葉樹に広葉樹、そして大好きな青空と冷たい空気が最高!
あ~。出来ればもう一度行きたいくらいだ。


今日は主治医と相談をして、今後の長男の治療方針が決定です。
来週、再度の手術に臨みます。本人もやる気が有り有り。
長男、なかなか腹が据わっている。なんだか親の方が及び腰気味だったりして...
(^_^;)

イチャンコッペ山 反射板手前まで


登坂開始から40分経過。

急坂は終わり、次は笹が生い茂るトラバースへと出ます。
そこから見た支笏湖が綺麗でした。
左奥に樽前山、中央手前に風不死岳、右に小さな多峰古峰山。

皆、ピッカピカに輝いていました~。


冷たい空気の中、せっせと歩き続けると、左手にこれから登る反射板の山が見えてきます。
あそこまで登って、右の斜面へ進むと山頂です。
ちょっとキツイ斜面ですが、直ぐに終わるから頑張れます。
写真は続きま~す。


今朝も青空。
それにしても、太陽が顔を出す時間が遅くなってきました。
いよいよ冬っぽいね。
(^_^)

イチャンコッペ山 本日は晴天なり


長男の見舞いは本日中止。なんでもちょっとお疲れの模様。
それなら夏山納めをいたしましょう(一応、ね)。

さあ、いざ出発!

ここは支笏湖の畔、イチャンコッペ山。
スロースタートで10時に登坂開始です。
国道453号線のヘアピンカーブにある駐車場は満車状態。
いやぁ~、来てるね、来てるね。たくさん来てるね!

とりあえず、山頂で飲む珈琲の準備をしていざ出発です。
いきなり登山口から30~40分の急坂は相変わらずの洗礼(笑)。


せっせと登って、30分後に紋別岳方面を撮った一枚がこれ。
見ての通り、終始こんな秋晴れが続きましたよ。

気象状況はとても穏やか。
基本的に微風でして、気温は15度ほどもありました。
この時期としては驚くほどに暖かい。ちょっとオカシイかも。

暖かいので装備も軽装。
登山用のアンダー1枚にヒートテックの薄手シャツ1枚。
しかも腕まくり。それでもいい汗をかいちゃいます。

では、汗だくになったのか?いえいえ、そんな事はありません。
さすがに晩秋、体に当たる風は冷たくて気持ちがいいのです。

そんなこんなで、楽しく登っていきましたー。
(^_^)

歌才ブナ林 いい色


ひときわいい色で待っていたブナの葉。

辺りのブナは茶褐色。でも、この1枚だけは違います。
周りの葉が地味なだけに、ひときわ鮮やか。


昨日は長男の手術。
11時に病院入りして、手術が終わったのが17時。
いやはや、とりあえず右肺は終了。
術後経過を見て、今度は左肺かな。頑張れ!
(^_^)

歌才ブナ林 ビニール傘


歌才ブナ林にて。

ビニール傘にブナの落ち葉が乗っかっちゃいましたー。
向こう側にはブナ林の紅葉が広がっている様子が分かります。
ちょっと変わった写真だなぁ~。


さあ。今日は少しハラハラすることがあったりして...
(^_^;)