投稿

4月, 2012の投稿を表示しています

キトウシ森林公園から岐登牛山

イメージ
本日、天気はいま一歩な予報。 それでも元気に出動しましょう! 東川町はキトウシ森林公園にやってきましたー♪
公園の遊歩道をテクテク登っていくと... 『いきなりコレかぁー!うっひょー!!』 想像を超越するカタクリの大群生に、私、呆然(笑)。 時期的に、ど真ん中、ストライクだわぁー。


フクジュソウもカタクリの大群生に混ざり、可愛く咲いていたのでパチリ。 ちなみに、カメラを構えて、かなり地面に寝そべって撮っています!


これは...ニリンソウなのか? 花びらの数、多いような。 これも超変な格好で撮影なんだよなー。まあ、周りは誰も居ないから恥ずかしく無けど(笑)。


終わりかけの開ききったカタクリの花は、上から見るに限りますよね?! まるで違う花のような美しさがあったりして。いや、やっぱりカタクリですね(笑)。


そして、毎年のノルマ、真っ白なエゾエンゴサクを発見しました。 ここは白を簡単に見つけられるのですよねー。まったく、凄い場所ですよー。


さて、爆発的なカタクリ畑を通り過ぎて登っていくと、岐登牛山への入口に到着なのです。 天気が下り坂でして、雨雲が見えまくりでしたが、ここはファイト一発、山があるなら行くでしょう。ふつう。そうでもない?


一度も人とすれ違うことなく、寂しくサクッと喜登牛山に到着。 ここは眺望がほとんど無い。ということで、そそくさと南展望台へ。


ほどなく南展望台着。ここでやっと女性数名のグループと会いました。 天気はなんだか危なっかしい感じー。この写真の上空には真っ黒い雨雲がありましたよ。 この天気では風景も全然パッとしません。なので、辛うじて見えているオプタテシケ山を撮って、そそくさと撤退しましたー。

あっ。東川の道の駅に、モンベルショップがオープンしていましたー。 ここで『大雪東川』のオリジナルシャツを購入したのは、言うまでも無い! アハハッ!(^o^)

今日は暖かかった!

イメージ
今日は日中、手元の気温計で22度を示していました。 暖かかったですねー。春、本番を感じました。
昨夜は飲みに出ていたので、今朝は早起きできず(笑)。 ゆっくり起床して、ちょっと前田森林公園へ。
テクテク歩きながら、ゆる~く写真を撮っていました。

明日は...もうちょっと遠くに行きたいなー。であります。 (^_^)

草原から見た羊蹄山

イメージ
広大な草原に立ち眺めた羊蹄山。 中央やや右の斜面が太陽光の反射で光っていますよ。 雪の上には、色々な動物の足跡も見られました。

ここのところ、疲労がピーク。帰宅してもすぐ寝てしまう生活。 特に残業をしている訳でも無く、体を激しく動かす仕事でも無し。 周辺の人と組織が大きく変化したことが原因なんだろうな。

さあ、連休の前半は好天が続きそうです。 たくさんリフレッシュして、活力を得るとするか! (^_^)

畑とニセコ連峰

イメージ
春の雪解けを待つ畑とニセコ連峰。 ニセコアンヌプリとイワオヌプリが特に目立っています。眺めても良い山々ですね。 (^_^)

ネコヤナギな風景

イメージ
雪の中を歩いていると、目の前にネコヤナギ。 白いフワフワの毛で冬を耐えたのですね。 たくさんの残雪と白樺を背景にワンショット。 (^_^)

雪解けを待つ畑

イメージ
倶知安町でのワンショット。
雪解けを待っている畑。3本の樹がアクセントになっています。 この場所、この角度の風景がお気に入り。 (^_^)

羊蹄山はお好きですか?(倶知安町より)

イメージ
羊蹄山、またの名を蝦夷富士。
ニセコ連峰から離れているその姿は、それはそれは美しい独立峰。 いつ、どこから見ても美しいのですが、私はこの場所からの風景が好きなのです。
この羊蹄山の写真、違う場所から撮ったものもあり。 そのうち、気が向いたら掲載しようかと思っておりまーす。 (^_^)

秀岳荘のバーゲンセールに出動!

イメージ
今夜は仕事の帰り、秀岳荘 北大店へ向かいました。 4月23日~4月30日まで、秀岳荘はバーゲンセールなのでありまーす。
私、気合いが入っていまして、お店の駐車場が満車なことを予測。だから、地下鉄で向かいました。 入店してみると、仕事帰りの人達が大勢来店して、こりゃ商売繁盛だわさ。 そして、驚いたことに同じ職場の人が何人も買い物をしていましたー。 なんだかなー(人のことは言えない...)。
それで、私が買ったのは、夏用のモンベルのシャツ2枚。 長袖はモンベルのUVカット90%で速乾性の優れもの。 半袖はこれまたモンベルの胸にカマキリ虫のデザイン入りで、背中には色々な昆虫の柄つき。 あと、消耗品のソックスが2足となりました。
まだまだ欲しい物があったのですが、19時閉店の時間切れ。 いやはや、レジの前に列が出来て並ぶのですから、バーゲンセールは凄いです。 ちなみに、バーゲンで10%引き、更に会員で5%引き。 確実にお買い得だわ。バーゲン、いいねー。 グー(^-^)g""

いま時期の黒松内町 歌才ブナ林

イメージ
添別でフクジュソウを観察した後、やって来たのは歌才ブナ林。 もう少し雪が少ないと思っていたのですが、『なんだ、こりゃー!』。 想像以上に雪が残っていましたが、ツボ足で進撃開始。


歩いて程なく、遊歩道の眼下に湿原が現れます。 夏場は遠くから眺めるだけの湿原も、いま時期は雪の中を下っていけます。 そして、湿原の中を歩いていると...


はい。ミズバショウが咲き始めていました。 清らかな水の中に咲く白く可憐な花。本当にいい眺めです。


そして、あちこち探し歩いていると、はい、見つけましたよ。 エゾノリュウキンカです。湿地に咲く、春の訪れを告げる花です。 フクジュソウ、ミズバショウ、エゾノリュウキンカ。 これだけ観察することができれば、言うこと無しなのでありまーす。 (^_^)v

黒松内のフクジュソウ

イメージ
今日は春を求めて南下することにしました。 一路、札幌からニセコを経由して黒松内へ。 途中、羊蹄山やら、ニセコ連峰の山々が真っ白で綺麗でしたー。 その写真は追々。
黒松内に入り、添別の道端にフクジュソウを見つけました。 今年初のフクジュソウ。こんなところで出会えるとは思ってもみませんでした。 うん。咲いたばかりのようです。


花は上からだけ眺めては勿体ないです。 真横、やや下側から、背景に林とふきのとうを入れたワンショット。
いやはや、やっと見ることができたフクジュソウ。 自分的には、これで春がスタート出来た気持ちになりました。
この後は一路、歌才ブナ林へ向かって見たものは...(つづく)。 (^_^)

手稲山麓ブラブラ

イメージ
今日は、ちょっと用事ついでに手稲山麓をブラブラ。
雪解けが終わった直後の森は、秋に積もった枯れ葉ばかり目に付きます。 そんな森を目を凝らしながら歩いてみると、ほら。 キクザキイチゲでしょうか、木の幹の根元から咲き始めていましたよ。


今年は少し遅くやってきた春。
花が咲き始める春は、やっぱりいいですね。ホッとします。 夕陽に照らされたふきのとう。 これだって、良く見ると可愛いですよ。


もう少ししたら、この森にもエゾエンゴサクやらエンレイソウやらが咲き始めるのだろう。 う~~~ん。楽しみ、楽しみ。 (^_^)

生きている地球

イメージ
有珠山の火口と遠くの山脈。 火口からは白い煙が立ち上っていました。ここに来ると、生きている地球を実感できます。
昨日訪れた星置緑地でも、湧き出る水を見て、これまた生きている地球を実感。 その緑地をグルリと取り巻く町並みに、人間の開発をこれまた実感。
増えすぎた人間と生きている地球は、きちんと共存共栄できるのか。 心配になる今日この頃。 (^_^)

仕事帰りに星置緑地

イメージ
今日は仕事帰りに星置緑地に行ってみました。 動機は、『いんでないかい北海道』さんに掲載されていたからでーす。
17:45、現地に到着。もう夕暮れ時です。 そうそう。今日がRICOH PX(カメラ)の、実質的な実戦投入です。
木道を歩き始めると、カモさんが食事中。『パクパク』。 何を食べているのだ?ん~っ??


目の前に近づいても、全然逃げないカモさん。 『あんた、野生なのにそんな事でいいの?』と思ったりして(笑)。


ミズバショウは、既に結構な数が咲いていました。 綺麗だけれど、アジアン・スカンク・キャベツ。香りは嗅いだらダメー!(笑) おっ。ピントが合わない。むむむっ。


エゾノリュウキンカもほんの1~2カ所だけ咲いていました。 いやはや、山の中ではなくて、こんな街の中でコンニチハ。


キクザキイチゲもあと少しで花が開きますよ。 この様子だと、明日には咲いているかもしれませんね。 それにしても、これもピンぼけ(笑)。


夕暮れ時に、フラリと訪れた星置緑地。


手稲山の湧き水が作り出す動植物の楽園でありました。

撮影を終えた帰路。 ふと道路脇に駐車した愛車を見ると、取り締まりの警察官... 私、『えっ?ええ~っ?ここ、駐禁だったのですかぁ~?すみませ~~~ん!』 お巡りさん、『あっ、あなただったのですか。違うと思っていましたー。あははっ!』 気の良いお巡りさんは、すぐに立ち去っていったのでした。ほっ。
いやー。クルマを駐める時には、気をつけましょうね(汗)。 (^_^;)

有珠山から駒ヶ岳

イメージ
有珠山に登り、天気が良ければ噴火湾越しに駒ヶ岳が見えることがあります。 この日も遠方に駒ヶ岳のシルエットが見えていました。
確か、いまは駒ヶ岳に登っても良いのでしたよね。 行ってみたい気もするのですが、かなり遠方なことも確か。むむむっ... (^_^)

夕暮れ時の支笏湖と樽前山・風不死岳

イメージ
有珠山の帰路。 夕暮れ時の支笏湖と樽前山(左)・風不死岳(右)です。
湖と空の色が、何とも言えない複雑さを醸し出していますよね。 この一枚は、実物に近い雰囲気で撮れたと思います。
うん!癒しの一枚。 皆さん、色々あるけれど、自分も含め、元気出して行きましょう。 (^_^)

有珠山の苔

イメージ
毎年、有珠山の登山で恒例といえば、苔の観察と撮影。
ところが、今年は訪れた時期が少し早いことと、残雪が多かったことで、苔を見ることがほとんど出来ませんでした。 それでも1~2カ所、斜面の雪が融けていて観察できる場所がありました。ラッキー!
フワフワ&ポワポワの苔、緑が綺麗でしょう?! 背景にたっぷりの残雪と木々を添えてどうぞ。春メニューですね。 (^o^)

センスの良い標識

イメージ
有珠山、さすがジオパークです。標識を見てもセンスがいい! 北海道の他の登山道も、こういうカッコイイ標識が増えてくれると嬉しいな。 (^_^)

夕暮れ時の支笏湖と恵庭岳

イメージ
土曜日、有珠山へ登った帰りは、洞爺湖→支笏湖というコースが帰路。 一気に2つの湖を堪能する、とっても贅沢なコースです。
写真は、夕暮れ時の支笏湖と恵庭岳。 時間は17:30過ぎ。パナソニック DMC-LX2で撮りました。 実物の風景には及びませんが、雰囲気だけでもうどうぞ。

そうそう。もう既に、山に羆(ヒグマ)が出ているようですよ。 皆さんも、これから先は、『鈴』と『ホイッスル』などの装備を忘れずに出動しましょうね。 (^_^)

RICOH PX をフルスペックで購入

イメージ
以前、ブログにチラッと書いていたアマゾンでの『ポチッ』。 購入の動機はこんな感じ。
兼ねてから山の雨天撮影という課題があり。 カメラらしい形と緑色の可愛い本体色。 あちこちのブログで見た参考写真の画質がそこそこ。 カメラ本体が送料込み1万円程度の値段で、アクセサリを含めても1.5万円に収まるリーズナブルさ。 この『衝撃動画(ココをクリック!)』でも分かるタフさ!!負けた!!!

開封後は、まず本体にバッテリーを入れて充電です。 この充電、なんとご覧の通りUSBで充電なのでありまーす。 これだと愛用のiPad2のACアダプタと共用できます。これは便利。

アクセサリのプロテクションケットとネックストラップも装着。 もちろん、この色の組み合わせは、上の『衝撃動画』と同じもの(笑)。 でも、わざわざ蹴飛ばしたり、放り投げたりはいたしません。 さて、このPXを持って、お散歩しながらテスト撮影をしてみました。

近くの公園にて。 幹の質感、普通に分かります。空も実際の色に近いニュートラルさ。 画面の四隅もあまり流れずに写っています。この程度なら許容範囲。

空のグラデーションは良好。 陽が当たっている雪面の白飛びも上手に抑えられています。 撮っている時は、『絶対に白飛びしているな!』と思っていたので意外な結果。

地面に落ちていた松ぼっくりも撮影。 このカメラ、マクロモードの切り替えが不要。 カメラが自分で判断して、勝手にマクロにしてくれる。これも雨の日の撮影では煩わしさが無くて良い。 更に、3cmまで接写が出来ます。そんなに近づいたら、気をつけないとカメラの影が写ってしまいます。

次は、この真っ赤な滑り台の側面に写り込む、微妙な光の反射模様は写るか? 結果、しっかり写っていました。 また、背景の雪面も特に違和感なし。
どうしたものか。最近のカメラは、安くても防水でも、そこそこの性能が出るのか?

風でユラユラ揺れる木の上の枝を撮影。 少し被写体ブレしていますが、これも普通。

それではと、白い看板はどうだ? 露出補正無しで撮影ですが、普通に写っていて拍子抜け。

山では花も撮るぜ。では、花のテスト撮影。 直射日光に白い花と紫、黄色という、ちょっと意地悪な状況。

焦点距離が140mmの望遠端。 まあ、これも特に不満なし。発色もニュートラル。 リコーのカメラって、どのカメラも共通して発色が…

少し時期の早い有珠山へ

イメージ
昨日の土曜日は全道的に晴天なり! ここのところ山に行っていなかったので、本日は夏靴で歩こうと、有珠山までやってきました。 登山ルートは海側からで、片道2.6kmの行程です。

11時頃に登坂開始。 さすがに温暖な気候の伊達市です。最初はフカフカの地面を歩きます。 久しぶりの夏靴の感覚に、気分もホンワカします。春、実感。

しかし、それも10分程度のつかの間でした。 すぐに雪深い状態に変貌です。 ここからは永遠と山頂まで雪の中をツボ足手歩く事となりました。 ズボッ、ズボッと結構な深さまで埋まる足下は、とても体力を消耗します。 意外と難儀な登山となりました。これは想定外。でも、これも楽し。

雪に苦労させられつつも、1時間半後の12:30、山頂に到着です。 澄み渡った空が印象的。有珠山にもご覧の通り雪が乗っており、いつもの山開き後とは違った姿を見せてくれました。 うん。少し早い時期に登って良かったです。

そして、メインイベント。そう、この風景が見たかった。 有珠山の向こう側には洞爺湖。その更に向こう側には、まだ沢山の雪を残している羊蹄山です。 今日はこの風景が見たくてここまでやって来ました。
撮影後、これらの風景と、太平洋側の海の風景を楽しみつつ、昼食のラーメンと珈琲をいただきました。 誰も居ない、ここで飲む一杯の珈琲、最高だったなぁー。 (^_^)

あっ。そして今朝は全身筋肉痛。やはりこうなったか(笑)。