投稿

11月, 2012の投稿を表示しています

冠雪した駒ヶ岳

イメージ
大沼国定公園から冠雪した駒ヶ岳の風景写真。
風が無くて水面に波が無い日なら、綺麗に逆さ駒ヶ岳が映し出される場所でしょうね。 一度で良いので見てみたい。


今朝は冷え込んでいます。 雪も少し降るような予報なので、外出する時は要注意でしょうか。 (^_^)

沼の鏡に空

イメージ
今朝も大沼国定公園で撮ったワンショット。
この日は風がそこそこ吹いていたのですが、この場所だけは何故か無風。 沼の水面が鏡となり、空を映し出していた状況が印象的だったので、何気なく撮影。
時に、肉眼で見る映像よりも、カメラで撮った映像の方が綺麗な時がある。 この写真は、そんな一枚だったような気がします。写真はおもしろい。 (^_^)

季節限定のカルピス

イメージ
そう言えば、先日、季節限定のカルピス(ミックスフルーツ)を半蔵門のコンビニで買った。
これが思いのほか美味しかったので、甘党の方々向けに情報提供です(笑)。

なーんて書き込みをしつつ、本当の目的はiPadのBlogger専用アプリの動作テストです。
このアプリでブログをアップロードすると、いったいどうなるのだ?
(¬_¬)

うーむ。なるほど。画像がテキストの下に配置されるのですね。

苔と氷り

イメージ
これも大沼国定公園でのワンショット。 苔のふわふわとした感じがたまらなかった。季節の象徴である氷がアクセント。


そうそう。東京のホテルは空調の室温設定が26度。 北海道人の自分としては暑くてたまらなかった(腕まくりどころの話しじゃない!)。 もうたまらず18度設定にしたところ、やっと快適になりました。 この辺りが北国育ち故なんだろうなー。きっと(笑)。 (^_^)

冬将軍には勝てない!

イメージ
26日は久しぶりに友人と会う。蕎麦屋で談笑しながらの食事だ。 場所は半蔵門にある行きつけの蕎麦屋。ここが妙に落ち着いていい。 久しぶりに友人の元気な顔を見ると、こちらまで元気になれる。 嬉しくて、ついマッコリも数本が吹っ飛ぶ勢い。結果、飲み過ぎ。 飲み過ぎるところが、まだまだ修行が足りないと反省...



翌27日の本日は、昨日の風雨と打って変わって快晴。 早朝、ちょっとウォーキングに訪れた千鳥ヶ淵の近辺は、紅葉のピークが過ぎてこんな感じ。 北海道との季節の違いが分かりますね。



戦没者墓園の中も地面に落ち葉がいっぱいでした。 ここはいつも綺麗に整備されていて、歩いていても気持ちがいい。

さて、北海道へ帰ろうと羽田空港に行ってみると、航空機の発着便が乱れまくり。 予定の便が欠航の中、なんとか混乱を乗り越えて新千歳に到着。 高速バスで札幌に向かおうと乗り場に行ってみると、悪天候で全面運休。 それならばと気を取り直してJRに向かうと、ダイヤは乱れているが運行していて助かった。
いやはや、一時はどうなるかと思いました。 北海道に到着してみると、想像以上の雪の多さに驚いた。 強風の影響で停電も相次いでいるのですから、更に驚きまくりです。
まったく、冬将軍には勝てませんね。 (^_^;)

氷下の落ち葉

イメージ
大沼国定公園で撮影した氷下の落ち葉たち。 こんな様子を撮影できるのも今のうち。もう少しでこの上に雪が降り積もります。


さーて。今週もいっちょいってみるか! (^_^)

Onuma Quasi National Park(大沼国定公園)

イメージ
11月24日、日暮山を後にして、やってきたのは大沼国定公園。 時間は9時半前。気温は相変わらずのマイナス気温でとても寒い。
どうしてこんなところに、こんな時間に居るのかは自分でも不明。 ただし、日常から離れて気分爽快。来週からも頑張れそうだ!



さ~て。『ここから大沼と駒ヶ岳の雄姿を撮影なのさー♪』 そう思っていたのですが、肝心の駒ヶ岳にはまだ雲がかかっています。 せっかく奇跡的に青空になっているのに...『雲よ、流れろ!』



説明します。ここは大沼の小さな島々を歩いて巡るトレッキングコース(詳細は一番下の写真を見てね)。 ガイドブックや看板などによると、グルッと一周に要する時間は50分。 この辺りにある複数のコースでは最長なのでありマース。とは言え、自分の足だとすぐに回れそう。



さすがに早朝なので、訪れている人も無し。 とても静かな小島巡り、と言いたいところですが、頻繁に観光船や作業船が通過するので、意外にも騒々しかったりして。



島から島へと渡る橋は、こんなアーチ型が多かったです。 この形の橋、何故か弁慶が仁王立ちしている状況を想像してみたりして(笑)。



さっさと歩いて、島の最先端部にやってきました。 ここからの駒ヶ岳の眺めが最高なのです。でも、まだ雲がかかっています。
良く雲の流れを見ていると、かなり高速で写真の左から右へと流れていました。 『待っていると雲が切れるハズだ。』 そう思ったので、ピリピリと寒い中、ジッと雲の流れを見ていました。



30分ほどひたすら駒ヶ岳上空の雲を見続けていると... やりました! 上空の雲が切れ、駒ヶ岳の全景が姿を現しました。 尖ったこの山頂が見たかったのです。よかったー! (^o^)



トレッキングコースの詳細はこの写真をご覧ください。 良く見えるように少し大きめの解像度にしてあります。
遠くまでやって来て、非日常を歩く。これで明日からも頑張れるさ。 (^_^)

Mt.Higurashi(大沼国定公園 日暮山)

イメージ
景色に目を奪われ、気が付けば日暮れ時。 そんな山が日暮山(ひぐらしやま)。魅力的な所以です。
『日暮山に行ってみたい!大沼が見たい!駒ヶ岳が見たい!』 ええっ、また発作です。深夜に出発です。真っ暗闇です。そして...



9時前には何故か日暮山の山頂まであと80mまで迫っていたのであります。 気温は多分マイナス。いや、絶対にマイナス。あちこち凍っています。 道南だから暖かいだなんて、今日はそんなの甘かった。



おおっ。誰も居ない山頂。 『ピキッ!』と音がしそうな寒さの中、大沼が綺麗です。



駒ヶ岳には厚い雲がかかっています。 どうやら中腹からは雪が降り積もっているようです。



大沼と反対側を見ると蓴菜沼。ちょっと眺望悪し。



駒ヶ岳をズーム。 あとで大沼の小島をトレッキングする時には晴れるかな?



上空は青空。 取り敢えず、もう少し天気は持ちそうな感じ。 その後、大沼へ移動して、ガッツリ着込んで小島巡りへGOなのでありました。 (^_^)

雪景色の朱

イメージ
本格的に雪が降りました。 山もすっかり雪景色で、本格的な冬の到来です。やっと来たか!
まだ枝に辛うじて残っていた朱色がモノトーンな背景に映えていたのでパチリ。 寒そうな写真の完成です(写真は手稲山)。 (^_^)

ミャンマーのウイスキー

イメージ
昨夜は友達からミャンマー土産のウイスキーを貰った。 『GRAND ROYAL』という名称は、実にゴージャスである。
まだ飲んではいないのだが、ネットで検索をしてみると、意外とウマイ酒とのことだ。 英国の植民地時代にウイスキー作りをしっかりとやっていたのかも知れない。 これ、やっぱ山で飲んでみるべきだろうか。などと考えている。 (^_^)

路面に粉雪

窓から見える路面に粉雪。 うっすらと降った雪ですが、空が鉛色なのでまた降り出しそうな感じ。 いつまとまった雪が降って根雪になるのか。 温暖化の影響で12月末頃か?!

寒い朝!

今朝も寒い。 冬だから当たり前だけれど、やっぱり寒いものは寒い! やはり今朝も布団から抜け出すのに苦労しました。気合い一発で脱出。
週末、少し暖かくならないかな。無理か... (^_^;)

122年ぶりですか

なるほど。昨日の札幌の初雪は122年ぶりの遅さとのこと。 裏を返すと、122年前にもこのような遅い初雪があったという事ですね。 少し安堵したというか、やはり気がかりというか...
それでは、雪道通勤、行ってみたいと思います。 (^_^)

初雪

イメージ
やっと初雪。しかも冬の嵐といった形でやってきた。 日中に外出をした人はさぞかし大変だったと思います。 私も少しだけ外出したのですが、悪天候に驚きました。
そして雪道運転。愛車のアイシスくんのタイヤが初スリップ。いよいよ冬本番かぁー。 冬道運転の最初の頃は、まだ運転感覚が戻っていないので、皆さん安全運転でお願いします!


写真は昨日、ニセコの某所で食べた山菜蕎麦。 地元の山で採れた巨大ナメコ、黒舞茸、ワラビ、タケノコ、落葉、などなどが山盛り。 蕎麦は山菜をかき分けないと出てこないのでありマース。手打ちの香り高いお蕎麦で大満足でした。 (^_^)

岩の隙間の黄金色

イメージ
いよいよ寒くなってきました。 今日はブラリとニセコ方面に足を伸ばしてきました。 毛無峠では湿った雪が降っていましたよ。
某所で岩の隙間を覗いてみると、何やら黄金色に光る水滴らしきものを発見。 黄金色というよりも、もしかしたら琥珀色とでも言うのかな。 なんのこたぁー無い発見だけれど、撮ってしまうのが性(さが)だわさ。 (^_^)

美瑛町俵真布からオプタテシケ山

イメージ
俵真布地区から見えていたオプタテシケ山。 この地区から見えるトムラウシ山やオプタテシケ山は、とても大きく見えるのです。 きっと距離的に近いのだろうなー。 (^_^)


おっ。そうだ。政局。 今日は衆院を解散するのでしょうね。 うーむ...今後どうなるかが不安でもあり、楽しみでもあるなぁ...

翌日に疲れが少し残るのだ!

イメージ
岐登牛山の落ち葉ロード。いや、枯れ葉ロードか。 木々の葉が落ち、おかげで青空が良く見えていました。 これはこれで『有り』。


今朝は少し寝坊気味。 だから朝のブログも書かず終いで深夜更新。 寝ても疲れが翌日に少し残る感じで、良くない傾向ですねー。
そういうことで、早めに就寝だな。 皆様もお体は大切にお過ごしくださいませませ。 (^_^)

辺別川からトムラウシ山(美瑛町俵真布)

イメージ
美瑛町俵真布(たわらまっぷ)を流れる辺別川からトムラウシ山を撮影してみました。 トムラウシ山の手前には、ちょうど黄金ヶ原がある。花の季節はさぞかし綺麗だろうな。いつか訪れてみたい!

それと、俵真布の地域は、とても静かな農村部でした。 なんだか『ホッ』とする場所だったなぁ... (^_^)

白き十勝連峰

イメージ
ここは東川町。写真はすっかり白く染まった十勝連峰。 雪のない畑とともに遠くから眺めると、なんとも言えない美しさが感じられた。
この日は岐登牛山からの帰り道、色々な場所で山の撮影を試みた。 あと数枚、紹介していきたいと思います。 (^_^)

岐登牛山の木々と空

イメージ
岐登牛山の南展望台から山頂へ移動中に撮ったワンショット。
黄金色のカラマツの葉と、緑の松の葉が青空に映えて素晴らしい風景でした。 写真の画像が小さいと迫力が落ちてしまうので、本日の写真は大きな画像でアップロードです(1366×768)。 (^_^)

寒風の岐登牛山(きとうしやま)へ

イメージ
本日は東川町 キトウシ森林公園を訪れました。 寒風の公園は訪れる人もまばら。 枯れ葉を『ザックザック』と音を立てながら踏みしめ歩きました。 写真の場所は、春先、カタクリの花で埋め尽くされるのですよ!


遊歩道の案内板。 アイコンの絵がとても可愛いですね。 こういう山で使う案内板の絵って、北海道全体で共通化すると分かりやすいと思うのですけれど、どうでしょうかねー。 北海道標準を作ってしまって良いのではないかな。


公園の駐車場から“ヒョヒョイ”と登ると展望閣なるお城に着きます。 そこから更に岐登牛山の南展望台を目指して登るのでありマース。


コースにはこんな岩の横を歩く場所も有りまして、プチ登山の雰囲気が良いのです。 とても小さくても、山は山です!小さくていいのです!(笑)


ほどなく、“サクサクッ”と南展望台に到着。 展望台には女性が2名の先客有りでありましたー。 そして、最初に目に飛び込んできたのは写真左奥に見える真っ白いオプタテシケ山。 十勝連峰も大雪山も真っ白なのでありました。


東川町の平野部はこんな感じに見えます。


中央左奥にトムラウシ山、中央の少し右側にオプタテシケ山が見えています。


南展望台の次は岐登牛山の山頂へ。 でも、この山頂は木々と笹藪に覆われていて、まったく眺望は無しなのでありマース。 取り敢えず山頂を訪れて完全燃焼な気分。気が済みました。
ここのところ運動不足な状況だったので、今日のプチ・トレッキングはとても嬉しかった。 それと、真っ白な大雪山や十勝連峰が見られたことが良かったなー。2~4度の寒風も爽やかで最高でした。 んっ?ええっ、もちろん今日も薄着に腕まくりをして登っていましたとも(笑)。 (^o^)

テレビ三昧

本日、テレビ三昧。 録画をして見ていなかった『世界の果てまでイッテQ!』も見た。 イモトがマッターホルンを登頂成功! なぬーっ?!って感じ。 とても羨ましい...訓練積んで登るなんて素敵過ぎるぜ。 (^_^)

初雪の足音

イメージ
今朝のテレビで来週には初雪が降りそうだと言っていました。 もうそろそろやって来るのですね。皆さんはスタッドレスタイヤに交換したでしょうか。


写真はブナ林で撮ったきのこ。森の分解屋。頑張ってます。 (^_^)

小樽 初代(しょだい)のラーメン

イメージ
本日は職場で義務づけられているドック健診。 このドック健診、朝から飲み食いができないことがツライ。 これ、本当にツライ。毎朝食べないと生きていけない自分には拷問に近い。



故に、当然ながら反動が来たりして。 夕飯は小樽 初代(しょだい)の『白たまり醤油』なりー。 これ、白ワインをベースにして、天日干し塩、白たまり醤油、貝類等を煮込み、鮭の魚醤をかくし味に鶏油で仕上げたとのこと。 一日限定30食の貴重な逸品。
食べた感想。 麺が固めで好み。 チャーシューは程よく腰があり、小ライスにベストマッチ。 スープはくどくない。一瞬、アッサリ系かと思うのですが、味わいが深い。 うーむ...これは久しぶりに美味しいと思ったラーメンだった。 それにしても、白ワインがラーメンのベースになるのですね。不思議だぜ。 (・o・)

雨続きな日々

イメージ
雨が続いています。 実況天気図を見ると日本海にある低気圧がほとんど動いていません。 これが雨を続かせている原因かな。早く東に動いて消滅して欲しいです。


写真は歌才森林公園でのワンショット。 10月20日撮影という少し前のものですが、もうこんなに真っ赤になっていました。 今はもう... (^_^)

曇りと雨が続きそう

イメージ
窓から見える空は今朝も曇り空。雨も降りそうな雰囲気。 予報では今日を含め、あと4日間はこのような天気とのこと。 秋から冬へ変わる季節は、こういう天候だっただろうか。

過去を振り返るのにブログの記録はとても便利。 今朝の写真は2010年の今日、11月1日にコックリ湖へ続く林道で撮った一枚です。 2年前の今週は比較的天気が良い状態だったようです。

さあ、今日は濃い一日となりそうです。 なんとか乗り切りたいと思います。 (^_^)

秋色の羊蹄山

イメージ
今朝の写真は秋色の羊蹄山。 もう今は山頂付近では雪が積もって冬色なのでしょうね。
中央ちょい右の大きな木の右横のコブが『南コブ』です。 分かりづらいかな? 良く良く見ていただければ分かると思います。 紅葉して、ちょっと盛り上がった場所がありますよ。


日々、朝の寒さが身に染みてきています。 部屋の中も暗いということも影響してか、布団からの脱出が困難な季節。 それと空気も乾燥してきているのでしょう。朝、口の中が乾いている感じがします。 こういう事が重なって、風邪をひくのかも知れません。 体調管理、気をつけなくては。 (^_^)

カメラ店をハシゴな日

今日は用事のついでにカメラ店を2カ所行くことができました。
A店ではミラーレス一眼を見る予定でしたが、何故か特価になっていたニコン D7000を手にしてあれこれ確認してみました。 さすがD7000ですね。とてもガッシリとした作りで質感が良いのです。 また、操作性抜群。光学ファインダーも見やすい。しかも防塵防滴と、言うこと無し。 欠点は重いこと。とても重い!山歩きで持ち歩くには、この重量が大きなハンディキャップになりますな。
B店ではミラーレス一眼を数機種見てみました。 小型軽量を目指すと本体が合成樹脂となり質感が低下。かといって、金属製になると重量増。 また、ファインダーの有無で本体の大きさが違ってきます(ファインダー有りだと当然のことながら本体は大きくなる)。
ファインダーの有無は、望遠、超望遠での撮影をするかどうかで考えれば良いかと思いました。 やはり望遠系の撮影を外部液晶だけで行うのは難しそう。 ミラーレスの時代になっても、電子ビューとは言えファインダーが無くならない訳だ。
とかなんとか考えつつ、今日も色々と見ただけでありました。 どうしてかな。本当に、なかなか気に入ったカメラが無いです。 (^_^;)

手打ちそば ようてい庵

イメージ
今日も天気が悪いですねー。 ニセコ方面に行ってきたのですが、もう本当にダメダメな天気でした。

そうそう。先日、羊蹄山の南コブに登った時、『ようてい庵』という蕎麦屋へ初めて入りました。 場所は、道の駅ニセコビュープラザのすぐ近くです。 とってもこぢんまりしたお店で、『真面目にお蕎麦を提供しています!』といった雰囲気が漂っていましたよ。


注文したのは、せいろ蕎麦、そしてこの日メニューに出ていたゆり根の天ぷら。 とてもシンプルな組み合わせがヘルシーで良いのです。ゆり根は塩でいただきました。 アッサリした組み合わせでしたが、意外にお腹もいっぱい。
あれっ?!2回連続でグルメな話題を書いてしまった。まっ、いっか。 (^_^;)

麺や 亀陣 『黒担々麺(期間限定)』

イメージ
今日は仕事帰り、フラリと行きつけの『麺や 亀陣』に立ち寄った。 ほら、無性にラーメンを食べたくなる時ってあるでしょう? それそれ。
お店に入るまでは、鉄板の『鳥そば しょうゆ』を注文するつもりだった。しかも、大盛りで。 ところが店内のPOPに、『黒担々麺 800円』の文字が... ええ、もちろん黒担々麺を注文しましたとも。大盛りで。



この黒担々麺、黒ごまベースの担々麺なんですよねー。 鉄板の『鳥そば』シリーズとは違い、麺が太麺なのであります。 そして、ご覧の通り、赤トウガラシがモジャモジャと上に乗っており、その下にはミートのフレーク? そして、大量のキャベツにネギ。
食べてみると、このお店のアッサリ系な味とは対極のドッシリ系。 うんうん、寒くなってきた季節には、こういう麺も有りだな。そう思った金曜日の夜なのでありました。
なんだか久しぶりにグルメ話題を書いてみたけれど、それがラーメンだったとは... 庶民的でいいんでないかい?! (^o^)

秋といえばキノコ

イメージ
ブナ林で撮っておいたキノコ。秋を感じさせる素材です。 まあ、被写体としては、かなり地味な部類ではありますが(笑)。


昨夜は突然、雷がゴロゴロと鳴りだして凄かったです。 近所に落雷でもして、パソコンを壊す訳にはいかないので、電源を切りコンセントを抜きました。 でも、そんなときに便利なのはタブレットPC。 バッテリー駆動は、こんな時にとても便利なのでありました。


そうだ。このブログを見ている方は、SNS(ツイッター、フェイスブック、Google+、などなど)をやっているのでしょうか? 私、とっても興味があるのですが、個人情報保護のこととか、自分がネット依存症になってしまわないかとか、色々と心配で踏み込めないのでありまーす。 高度に発達をしたネットワーク世界に身を置いていると、ふとスタンドアローンの大切さや心地よさに気が付くことがあります。
山にいる時の自分もスタンドアローン。道理で心地良い訳だ。 (^_^)