黒松内町 添別ブナ林へ


3月最後の本日は、黒松内町 添別ブナ林へやって来ました。
予報では曇りとか雪とかだったのですが、何故か青空なのでありマース。




気温は2度~4度程度。
ただし、微風で太陽が照りつけているので、雪面はザラメ状でザクザクな状態でした。
そして、いつもの如くだーれも居ない山(笑)。静かでいいのです。




添別の奥へと進行するために、谷間を歩いたりもします。
V字の底に下り、両斜面のブナと青空を眺めつつ歩くのもおつなものです。




谷間の底から見た雪とブナ。もう土が見えているなぁー。




V字の谷の底には、たくさんのブナの葉が集まっていました。

これから更に奥地へと歩きます。
その後、奥地から一旦戻って、今度は斜面を登るのですが、それらの様子は続編へ。
(^_^)

意外と寒い


昨日と今日は、意外と寒く感じました。まだまだ冬の名残。
そして、今日は終日、体調不良により寝たきり状態でした。

明日は元気に外へ出て行きます。体調が回復していますように!



写真は本流林道です。フワフワの雪がたまりませんでした。
(^_^)

双眼鏡 Kowa SV32-8 を購入した!

最近の自分は、山で良く野鳥を見かけるというか、野鳥のことを少し気にかけるようになってきた。
それを写真に撮ろうかと思っても見たが、純粋に野鳥を観察する時間を楽しみたいとも思ってしまった。
最後までE-3用の600mmの望遠を購入しようか双眼鏡にしようか悩みましたが、結局、先ずは双眼鏡で観察するのが楽しいのではないかとの結論に至りました。





そんな訳で、さっそく懸案事項だった双眼鏡を購入してみました。
ネットで予習をしっかり実施し、いざ店頭へ。基礎知識があるので、店先にズラリと並んでいる双眼鏡の数々を目の当たりにしても、決して怯むことは無かった(笑)。
しかし、いざ選択するとなると外見では全く判断できず終い。

もう、こうなったらショーケース内の全ての双眼鏡を手にして、覗きまくって比較してやる! となった次第。店員さんは、ずっとつきっきりで大変だったと思います。
ニコン、キャノン、オリンパス、フジ、ビクセン、ツァイス、コーワなどなどの各機種について、『見え具合(以下、見え)』などのテストを繰り返した結果、選択したのが『Kowa SV32-8』でありました。





さて、何故このSV32-8を選択したのか、その理由ですが...
もう、それはですね、双眼鏡を覗いた時の『見え』の良さですよ。
この『見え』というものは、発色とか、にじみ具合とか、明るさとか、視野角とかが関係していまして、カメラのレンズでいうところの『抜けの良さ』みたいな感じと思っていただいて結構かと。
カメラだと写真の出来でレンズの善し悪しがある程度分かるのですが、双眼鏡だといきなり肉眼なので、その優劣が瞬時に分かってしまうのでありました。
いやはや、あらためて肉眼って凄いものなのだなぁーと思った次第です。





その優劣ですが、ひどいものでして、価格に比例することがとても多く、極端な例ですが20万円近いツァイスの双眼鏡なんて、覗くと『なんじゃこりゃー!』と声に出して言ってしまうほどの素晴らしさでありました。もちろん、購入なんて出来ないけれどね。
また、ピントのダイヤルを回した時の重さや、本体の重量と手にした時のバランスも重要だと感じました。

それで、このコーワの双眼鏡ですが、正直言って店頭に行った時は、まさかこれを購入することになろうとは思っていないメーカーとモデルでありました。
きっとニコンのモナークか、ビクセンのニューフォレスタかなーと。
ところが、比較して選んだのが『見え』とバランスが良く、価格もお手頃な2万円ほどのこれになった次第です。

いいですよー。これ。見え、抜群です。本体中央に入る赤いラインもカッコイイ。
また、防水ですし、視界がとても広いのです。野鳥を探す時に便利だと思うな。
更に、メガネをかけたままでも良く見えます。これは自分には重要なポイント。

いやはや、早くフィールドで使ってみたいです。
野鳥が良く見えるだろうか...いや、野鳥が居なくてもいいから早く使ってみたいです。
(^_^)

予想最高気温10度


気象庁発表による本日の予想最高気温は10度。
かなり暖かい一日になりそうです。でも、曇り空だから、太陽の暖かさは少ないのでしょうねー。
それでも雪融けはかなり進行するはず。いよいよ街中も郊外も雪が減少して、次第に風景が変化してくるでしょうか。



写真の川は漁川。その向こう側に恵庭岳です。
ちょうどこの写真の右手奥の方向にオコタンペ湖がある感じかな。
そろそろオコタンペ湖の氷りも融けて、湖上を歩くハイキングは無理な季節になったでしょうか。
(^_^)

冬将軍は去ってくれたのか?!


いやはや、昨日の朝は積雪が2~3センチメートルほどあり驚いた。
更に、仕事で札幌市内を徘徊していたのですが、雪が少し降っていて寒い寒い。
冬の寒さはもうご勘弁だなー。テレビの話しでは、もう冬将軍は去っていくとのこと。本当か?外れないだろうな?!




昨夜は友達と夕食のお蕎麦&近場の温泉へ出動でした。
まあ、時々ですが、平日にこうしたイベントを入れてリフレッシュすることも必要だったりします。

写真は、その温泉にあった自販機で見つけたサイダー缶。
『仮面サイダー』って...思いっきりオヤジギャグではないですかぁー!!
ツボったので、思わず買ってしまいました(笑)。こんなのあるのですねー。ま・い・り・ま・し・た。
(^O^)

毛替わりか?襲撃か?


先日、漁川沿いの山中を歩いていると、雪上におびただしい小鳥のものと思われる羽が落ちていました。
一枚目の写真は、羽をマクロ撮影したところです。
小さくてフワフワの暖かい感じの羽毛でありましたー。
シジュウカラさん系ではないかな?




全体を撮るとこんな感じ。
たくさんの羽毛がかなり長い距離に散乱していました。

こっ、これはいったい...
平和な方向で考えますと、毛替わりの季節で抜けたとか?(そもそも毛替わりする鳥なのか?笑)
大自然の営み系で考えますと、大型の鳥やテンなどの動物に小鳥が襲撃された事件現場とも想像できます。

うーむ。果たして真相は如何に...
(^_^;)

雪面に虫


昨日のスノートレッキングでは、雪面にたくさんの小さな虫を見ました。
写真の中央やや下に小さな虫が写っているのが分かるでしょうか。
こんな虫をたくさん見ることができました。時々、小さな蜘蛛(クモ)も雪面を歩いていましたよ。
いやぁー、こういう風に、虫を見かけることでも春を感じたのでした。
(^_^)

漁川沿いの本流林道スノーハイキング


今日も漁川沿いの本流林道を訪れてみました。
天気は山のある西方向が曇りというか雪みたい。でも前進!




先行者無し。トレースを付けながら進みます。




途中、ツララを発見。これはどんな場所での出来事か。
それは下を見てのとおりです。




ほら。雪の割れ目から土が顔を出していました。
こんなところで春を感じましたよー。やって来ています。春。




林道を45分ほど進んだところで二股に分かれていました。
右手のピンクテープの方向に取り敢えず進んでみます。




あれれっ?いつの間にか尾根の急坂を登っていました。
どうやら前回(2013/1/14)よりも西側の尾根に出てしまい、そこを登坂してしまったようです。
時間は正午。風も強くなり、雲行きも怪しいこともあり取り敢えず尾根で昼食としましたー。
正面に見えている山は漁岳です。




はい、昼食です。
じゃじゃーん。今日のメインはまたまた鍋焼きうどん。
これに赤飯おにぎり、食後にバナナ、更に、の~んびり珈琲いれてチョコレートをかじる!
たっ...たまらん!最高です。




尾根でゆーったり食事をしたら、すっかり満足して更に登る気がすっかり失せてしまった(笑)。
まあ、雲が多く出てきたせいで、風景も楽しめそうになかったので下山することとしました。

帰路はスノーシューの刃が効かない斜度と柔らかな雪の斜面をスキーのように滑り降りて楽しみました。いやぁー、楽しかった。また行きたいです。
そうそう、今日は漁岳にたくさんの人が登っている様子が砂粒のような大きさで見えました。
あちらの状況はどうだったのかなー。
(^_^)


【使用したカメラ:Nikon COOLPIX P310】

食べてばかりの週末だったりする


昨夜は毎度お馴染み、『裏参道牛肉店』でコース料理を堪能。
先ずはエビスの黒で乾杯でありまーす。うーん、これは美味い!
友達も皆元気そうでなによりでしたー。




料理は幹事のセンスでコース料理となっておりました。
写真はたくさん撮りましたが、掲載はやはりメインの牛肉でしょう!
これはリブの部分だと言っていたような記憶が(笑)。ビール2本目でかなり酔いが回っちゃいました。




土曜日の今日は、ちょっと外をブラブラ。
お昼にはちょっと辛めのカレー南蛮を食べて超満腹。




帰り際に書店へ立ち寄り、『PEAKS』を購入。
あーっ。マウンテンギアの特集ですー。
『これも買いたい。あれも買いたい。これも必要!』って見ていると、軽く10万円は吹っ飛ぶ計算になるのですよねー。
どうしましょ。でも必要なんだよなー。あーっ。困った、困った。
(^_^;)

「Nikon COOLPIX P330」 が気になるな


21日に発売が開始された『Nikon COOLPIX P330』。

自分は、メーカーのサンプル写真だと写りが評価できないから、誰か買って写していないかとネット上を探してみたら...あった、ありました。↓

いやはや、場所や時間も相当良いのですが、写りも良い感じ。
うーん...でも、もう少し色々な写真を見てみたい気持ちだな。



さて。本日は金曜日。昨日よりも天気が良いかなー。

全身ボロボロ


昨日の自宅前の氷り割り作業が影響してか、今朝は全身が筋肉痛。
特に、腰回りと背中がヤバイんじゃないか? って感じー。
とほほっ。

そして、掌の絆創膏を剥がしてみると...
人差し指の根元がご覧の有り様でありマース。これまた、とほほっ。
良く見ると、中指と薬指の根元も負傷しているではないですか!
なんだかなぁー。



そして、今朝は外を見ると結構な積雪状態です。
まあ、なんて言うか、真っ白な世界というか...
10センチ程度の積雪ではないかな?もう雪は要らないっちゅーの!
(-_-;)

麺や 亀陣 『にぼ陣ジャー』


ちょっとご無沙汰をしてた『麺や 亀陣』に行ってきた。
お目当ては新メニューの『にぼ陣ジャー』でありまーす。

この『にぼ陣ジャー』ですが、ちまたでメッチャ評判がいい。
でも私、まだ食べていませんでした。こりゃいかん!

内容は名の通り&1枚目の写真のとおりでございます(良く見てね!)。
そう。煮干し醤油ラーメンに生姜入り。麺は少し平たいちぢれ風。




これがお待ちかね『にぼ陣ジャー』の全容。
パッと見は基本メニューである『鳥そば』と大差なし。
でも、どっかりと生姜が陣取っております。これが決め手。




では実食。麺はご覧の通りのちぢれが入ったチョイ太め。
しかも少し平たくて、基本メニューのストレート麺よりも食感は重い。
食べた感じは相変わらず腰が強い。
スープは煮干しの香りが漂うアッサリ風味ですが、それほど強い煮干し臭さは無し。
不思議と生姜も味の邪魔にはなっていませんでした。




このスープなら、基本メニューのストレート麺でもイケルのでは?
そう思って店主にストレート麺の替え玉を要求。
いざ替え玉実食。いつもの麺はやはり美味しい。
でも...このスープには、やはりちぢれ麺が合いますな。比較してみて初めて分かる技でありましたー。
店主、流石です。



さて、『春分の日』の本日は、久しぶりに家庭の役に立つことを行いました。
それは自宅前の歩道の氷り割り作業であります。オヤジと長男の3名体制で出動です。
氷の厚さは最大10センチ以上。ツルハシは2つ。ガッツン、ガッツンやりましたともー。
一度の休憩&着替えタイムを挟んで、3時間はツルハシを振り回し、超汗だくで無事に終了。

気がつけば右掌の皮が2カ所剥けていました。イタタタッ。
普段はキーボードとマウスだけで仕事をしているから、こういう軟弱な事になるのです。
普段からもっと肉体労働をしなくてはなりませんな。

そして、腰がとても怠いのでありました。明日、大丈夫だろうか...
(^_^;)

岐登牛山から黒岩山方向


岐登牛山から黒岩山方向を撮った一枚。

白樺がポッキリと折れているのがとても印象的でした。
左端に写っているのは旭山かなー。ちょっと確証を持てず。



一晩中、小雨が降っていたのでしょうか。
朝、窓の外を見てみると、自宅前の氷が小さくなっているような気がします。
雪融けがかなり進行しているようです。明日は少し冷えるかな。
(^_^)

プラス7度


今日、石狩地方の日中の予想最高気温はプラス7度。
しかも雨模様なのですから、雪解けは加速度的に進行しそうです。
道路は水たまりが出来て大変な状況になるでしょう。歩行に注意!



写真は昨日の岐登牛山の山頂にて。
白樺の大木を撮っているのですが、枝の張りだしている方向が左上方向に偏っているのが見て取れます。
きっとこれは、強烈な風がいつも同方向から吹いている証拠ですよね。
風上には旭岳がありますので、そちら方向からの風なのでしょう。



さて、また一週間の仕事が始まります。
水曜日は『春分の日』でお休みか。日の長さが日中と夜とで同じになるのでしたよね。
いよいよ春近し。

春近しと言えば、次男の入社→集合研修(2週間)→赴任が近づいてきました。
先日、赴任先の通知がやって来た。もちろん地方勤務です。
さあ、どうなるのでしょうか。楽しみです!
(^_^)

チョイと岐登牛山


今日は東川町へ。

旭岳の姿見周辺でもチョイと。なーんて思っていたのですが、近づけば近づくほどあちらは天気がイマイチのご様子。
『それでは』と急遽ですが岐登牛山を登ることとしました。

登坂するコースは、夏の登山道とは趣向を変えることに決定。
3月10日でクローズされた『キャンモアスキービレッジ』のゲレンデをスノーシューで直登してみることとしました。
一度やってみたかったのですよねー(笑)。

(一枚目と最後の写真はPXで撮影です。発色がメチャ地味。)




そう言えば、よく考えるとスノーシューでゲレンデの直登なんて生まれて初めての経験です。
そして、やってみると意外とキツイ。加えて太陽光線がゲレンデに反射して非常に眩しいのです。これは油断しました(顔がヒリヒリです。日焼けしちまった。)。
ひたすら黙々と登る訳ですが、最後の斜度がキツイ場所を登るところなんて、滅茶苦茶いい運動になりましたぞ!

(この写真と下の写真はE-3で撮りました。写りがまったく違うなぁ...)




結構な汗をかきつつ、お馴染み岐登牛山の山頂に到着です!
期待した眺望ですが、旭岳とか十勝岳方面は厚い雲に包まれまったく見えず。
しかーし、ここの上空は青空。まっ、天気予報は曇りだったのですから運がいいですね。




山頂を見届けた後は、リフトの降り口辺りで昼食タイムとしました。
スノーシューを外し、どっかり座り込んで、おにぎりを食べてから珈琲タイムです。
そう、昼食を食べに来たようなものですね。いつもそう。
山で食べる昼食はちょっと寒いけれど美味しい!

さて、下山でありますが、ここはゲレンデなので尻滑りをさせていただきましたー。
ところがですね、雪質が微妙な柔らかさであり、お尻が雪にメリ込み、あまり滑ってくれません(泣)。
山頂直下、最初の斜度の急なところ以外はあまり楽しめませんでした。
うーん、まっ、こんなもんかな。少しでも尻滑りが出来たので、これで良しですよねー。
(^_^;)

世界のてっぺん、ですか


いや、まったく。そう思います。

なんのことかというと、写真の本のこと。
私も機会があったら、エベレストベースキャンプまでで良いから行ってみたいものです。きっと道中に色々なことがあって楽しいだろうなぁー。

この本、日記になっていまして、自分が旅をしている気分を味わえます。
カラー写真も地図も入っていて、とても読んでいて楽しい。
格安でエベレストの山頂まで登ることができます(笑)。破格!まだ最初の方を読んでいるだけだけれどね。

さーてと。今日は外の天気が良くないので、この本を友にしつつ、所用もこなしながら過ごしたいと思います。
(^_^)

今朝は久しぶりの青空

今日の天気予報は曇り時々雨か雪。
でも実際の今朝は久しぶりの青空が見えています。
どうやら日曜日が好天の様子。晴れるか?!

真冬に戻ってしまいました


昨日の日中は雨が降り、道路の雪解けが進み、あちらこちらで水たまり状態だったのですが、一晩明けて外を見てみると、路面凍結に雪が舞っている状況になりました。
せっかくの春の気配から一転、真冬の状況に戻ってしまいました。
これこそが3月の気候。行きつ戻りつを繰り返しながら芽吹きの季節を迎えるのです。はよ、来い!
(^_^)

雪とか雨とか

いよいよ本格的な雪解けを迎えています。
北海道は、こうなってきて初めて迎春って感じだと思う今日この頃。



そうそう。
最近は、なんだか色々なことが上手くいかないのですが、『まあ、なんとかならーな。』と思うようにしています。
(^_^)



そんなこんなで、本日は写真、無しよ!

運動と食事のバランスは大切だ!

どう考えてもお腹周りが少しポッチャリしているこの冬。

寒い冬を乗り越えるため、生体防御がなされていると思えば納得はできるものの、でもなんとかしたいのも事実。
だから帰宅後はひたすら運動。軽く汗をかくまで運動。
『ハーハーッ、ゼーゼーッ!』するまで運動。これでこれ以上のポッチャリを食い止められるか?!




食べる物にも気を使おう!
昨夜は蕎麦。シンプルな岩のり蕎麦をハフハフしつついただく。
これで十分だ。でも...大盛りだ。反省...
(-_-;)

真冬並みに寒い

昨晩と今朝は布団の中で『ちょっと寒いなぁー。』と思っていたりして。
それもそのはず、外は真冬並みの寒さ。いやはや、この時期は油断ならぬ。
そして、今朝も除雪。まだまだ冬ですなー。




ところで、最近、足腰や腕などの筋力は大丈夫そうなのですが...
どうも握力の低下を実感していました。握力の低下は加齢と密接な関係があるのか?いや、きっとあるのだと思います。

対策として、写真のグリップを『にぎ、にぎ、握、握...』しています。
これが実に効果的。昨晩もしつこくやっていたのですが、今朝はキーボードを叩く指が思うように動いてくれない(笑)。
それだけ筋トレになっているという訳ですね。継続しなくては...
(^_^)

嵐の後に春は来る


いやはや、今日もなかなかの荒れた天気でありました。
中途半端な寒さの気温だから、道路の雪も滑った。故に、あちこちで交通事故が多発。
今日は警察も大忙しだったことでしょう。明日以降は自動車の板金工場も大忙しだろうなぁー。



大切に育てている熱帯魚のグッピーが居るのですが、子供が20匹ほど生まれて順調に育っています。
オトナが20匹、こどもが20匹。いや、今日辺りは25匹くらいに増えているかも。
いやぁー、こんなに繁殖するとは思わなかった。まいった、まいった...
そのうち養子に出さないとダメだなぁー。
(^_^;)

花金はやっぱ宴会でしょう


なにかと忙しい3月。年度末。
人事異動に昇級・昇格が控える年度末。
まあ、取り敢えず...宴会ですな。

写真はゴボウの唐揚げ。
本当は皿に山盛りだったけど、皆食べてしまい最後の1本。なんだか絵になる。
カメラはリコーPX。ミニュチュアライズで撮ってみたら、あら、意外といい感じー。




こちらは最後のデザート。
左はアイスクリーム。右はシークヮーサー酒のロック。
アイスクリームにシークヮーサーを垂らして食べると非常に美味。お試しあれ!
撮影モードはスイーツ。フレーム付きの1:1アスペクトとなります。
これもなんだかいい感じー。PX、かなり遊べるぞ。
(^_^)

エゾマツとトドマツ


時々、山で気になるエゾマツとトドマツ。
その違いについて解説された看板が休暇村 支笏湖にあったので撮ったのがこれ。
エゾマツは枝先も実も下向き。トドマツはその逆。そんな感じー。



今日は金曜日。
今週はどういう訳か昨日まで疲労感がありました。
だから、昨夜は21時過ぎには就寝。今朝は復活。
やはり早寝は健康のバロメーターです。特に、中年には効果的?!(笑)



そして。
暖かくなってくると、高い山に登りたいなー。
そう思う訳です。最近、高山に行きたいと常々思っていまーす。
(^_^)

冬の支笏湖(2月 休暇村支笏湖)


2月に休暇村支笏湖から撮影した一枚。

木々の向こう側に支笏湖、正面奥には恵庭岳。
右端には紋別岳が写り込んでいます。
恵庭岳の更に向こう側には、これからやってくる雲。

この写真には更にあるものが写っています。
それは写真下部の湖面を見て貰えば分かると思います。
そう、湖岸が氷っているのですよねー。これまた珍しい。

なーんて写真でありました。



ここ数日は本当に暖かく感じる日々が続いています。
道路もアスファルトの路面が顔を出していて春を感じるなぁ。
それと、アスファルトの路面が冬の間にかなり傷んでいることも分かります。
何故なら、国道でも穴ぼこだらけの凸凹がとても多いのですから。
今年は特に路面の痛みが激しい気がします。
早く補修をして欲しいなぁー。運転していて凸凹の落差が激しいと、クルマが壊れそうですから...
(^_^;)

かなり雪が締まってきた


ここ数日の暖気によって、それまでフワフワ系の雪もかなり締まってきた。
スノーシューで歩かなければならなかった場所も、ツボ足で行けるところも出てきたのです。
これは...春の予感。確実に近づいてきている。



確実に近づいてきていると言えば、完璧なる『老眼』(笑)。
最近、書類を見ると、『あれっ?』。
最近、本を読もうと思うと、『あれっ?あれれっ?』。
最近、長時間テレビを見た後にパソコンのディスプレイを見ると、『んーっ?霞んでる?!』。

...なんだかなぁー。
まだ老眼鏡のお世話にはなりたくありませーん。
先ずは、就寝時と起床時に目のマッサージを継続してみよう!

無駄なあがきだとは思うけれど。ね。
(^_^;)

Nikon COOLPIX A & COOLPIX P330


なんともまあ、ニコンから尖ったカメラが発表されたなぁー。
最初の2枚の写真がCOOLPIX A、3枚目以降の写真がCOOLPIX P330(いずれも『デジカメWatch』のホームページの画像を使わせて貰っています。)。




この『A』なんて、28mm相当の単焦点レンズですよー。APS-Cセンサー搭載ですよー。凄いな、これ。
しかも光学ローパスフィルターが無い。きっと画像が『キリリッ!』っと切れ味抜群なのに違いない(あくまでも想像)。
まあ、実際に写した写真を見てみないと、それは分からぬが...このスペックで『モヤッ』とした写真にはならないでしょう。やっぱり(これまた勝手な想像)。
あっ。そうそう。カメラ名称、『Nikon A』だけで良かったんじゃないの?!




なーんて思っていたら、P310の上位機種、P330も発表じゃないの!
うーむ。これは...1/1.7型有効1,219万画素のCMOSセンサーを搭載なのでありましたぁー。マジで?!




P310と外寸が同じ。でもセンサーが大型化。
それって、写真の周辺(四隅)が流れないのかな?キャノンみたいに...
レンズ設計に無理がかかっていなければ、『買い』の選択肢も有りだと思います。


うーむ...今回は特に『A』の方に興味津々です。
発売直後は、値段も高いので、色々とオプションを買いそろえると総額20万円近くになっちゃうだろうなぁー。
半年も待てば少し値が下がるかな?
それよりも、実際の写りが気になるな。やっぱり。
(^_^)