北大雪 平山から比麻良山を歩く 2013.9.28(その1)


9月28日(土)は10年振りくらいになるだろうか、北大雪は平山の登山口にやって来ました。
ここに至るまでの車中、愛山渓温泉から沼ノ平へ向かうか、それとも平山にするかをひたすら悩んだのですが、多分、こちらは静かな山歩きが出来るだろうと予想をしたのです。
やって来てみると、やはりクルマの数は10台も無い。予想は的中!

6:40、さっそく登山開始です。
向かう先の山肌に朝日が当たり、もうここからの景色だけでも胸一杯になりそう。
いやいや、そんなことも言っていられません。登坂開始!




かなり以前は、登山口までクルマで入ることが出来たのですが、今は100m手前の駐車スペースから登山口まで歩いて来るようになっていました。
あまりにも久しぶりなので、先ずは案内図を見て薄れた記憶を立て直します。
あーっ。そう言えば滝があったような...
あーっ。雪渓ポイントもそうそう、あったよなー。みたいな(笑)。




最初に現れるのが『夫婦滝』。これは『めおとたき』と読むのかな。
きっと上の滝と下の滝の2段構成だから夫婦なのでしょう。




まだ早朝で谷間だから山の中は薄暗い。
でも、目を凝らして足下を良く見ながら歩くと可愛い姿を発見です。
これは『オオアマドコロ』の実だと思うなー。
E-3のISOを800に上げて、プチぶれ気味に撮影成功。
ぶれのおかげか、フンワリ柔らかい感じで撮れました。頑張って来年に命を繋ぐのだよ。




あーっ。ブルーの実を発見です。
これはすぐに分かりますよ。『ツバメオモト』の実ですねー。
花の時期は終わっていますが、実を見つけると嬉しいです。




少しずつ太陽が山を照らしてきました。
紅葉の全貌が明らかになるにつれて、こちらのウキウキ度もレベルを上げていきます。




『あの辺りがいい感じに見えるなー。』と思いながらズーム撮影。




7:22、『行雲の滝』が見える場所までやって来ました。
これは立派な滝です。滝を良く見ると、水しぶきに朝日が当たり虹ができていました。
どうしてなのか、虹を見ると幸運な気持ちになってしまいます。幼心が残っているのだろうか。




登坂中、ちょっと水分補給。
なーんて立ち止まり、ふと振り返りざまに見上げるとこんな風景。
た・ま・り・ま・せ・ん。




真っ青な早朝の空には月が鮮明に見えています。
秋の葉をアレンジして撮ってみました。名づけて、『朝秋の名月』。なんちゃってね。




ピカピカ光る登山道を行く。
そうそう、この日は登山道の全行程においてヒグマの匂いがプンプンしておりましたぁー。
匂いに敏感な私には、いつどこで出没してもおかしくないと思えるレベルだったのですよねー。
特に、沢や滝の周辺は危険レベル最高潮(『二の雪渓』の上部では、ホカホカの落とし物を見ました!)。
当たり前ですが、ここは確実に居ます!。匂いの濃さと範囲から考えると、複数頭だと思うな。
登山時には鳴り物をお忘れ無く。また、滝や沢の近くでは声を出すのも有効かも。




7:36、これまで見た2つの滝は登山道の右手だったのですが、今度は左手に『冷涼の滝』が姿を現しました。
これも見事な滝です。そして、ここの滝見ポイントに立つと、確かに冷涼な風が体に当たりました。
ちょっと不思議。




この辺りでは既に夏山と同じ格好になっていました。
そう、腕まくりスタイル(笑)。風はヒンヤリしているのですが、ずっと登坂が続くので体が燃えること燃えること。
そして、山の木々も燃えているのでありましたぁー。
う~~~ん。いいね、いいねー。秋、真っ盛り。




登坂開始から1時間10分ほど経過すると、こんな景色が目の前に。
景色が良くてたまらない登山は続くのでありマース。
(^o^)/



撮影機材: OLYMPUS E-3 + 14-54mm

目国内岳 小さなオトギリソウ(2013.9.23)


まだ咲いていたオトギリソウの花。
でも、季節柄なのか、花がとても小さいのです。
寒くて大きく成長することが出来なかったのかな。ガンバレ!



あれよあれよという間に金曜日になっていました。
先ほどテレビの天気予報を見ていたら、土日は全道的に晴れマーク。
どうやら行楽日和のようです。

友達が今日、糠平温泉郷に移動して宿泊、明日の早朝からニペソツ山へ登るとのこと。
きっと猛烈な混雑具合でしょうが、それでも羨ましいです。
天気も良さそうなので、きっと素晴らしい山行となることでしょう。
(^_^)



撮影機材: Nikon COOLPIX P310

目国内岳 マイヅルソウの実(2013.9.23)


いま時期に見かけた『マイヅルソウ』の実。
もう十分に熟していて、少し乾燥してきていました。
この山は雪融けが遅いので、開花が遅く、いま時期でも実を見ることができるのですね。



今朝は結構な冷え込み。
室温が低いです。熱帯魚水槽の温度計も夏場に比べて4度ほど低くなっていました。
これからは、更に冷え込みが進みそう。
(^_^)



撮影機材: Nikon COOLPIX P310

秋のニセイカウシュッペ山 小槍と紅葉(2013.9.22)


ガスに少し隠れている小槍と紅葉の様子です。
この日、ほかの場所を訪れていた方々の情報を見ると、まだ紅葉のピークには数日ほど早かったような感じを受けました。
なかなか紅葉のピークに合わせた山行というのは出来ないものです。



本日は全道的に雨模様。
秋雨前線と南の台風の影響だということです。
きっと一雨毎に寒くなります。
(^_^)



撮影機材: Nikon COOLPIX P310

秋のニセイカウシュッペ山 アンギラスと紅葉(2013.9.22)


とても寒い山頂に1時間10分もの間、ひたすらガスが消えるのを待って撮ったワンショット。
中央に通称『アンギラス』、左奥に『比麻良山』などの稜線が見え、斜面の絨毯のような紅葉も見ることができました。
紅葉は想像していたよりも赤色が少なかったです。
これから赤が増えるのか、はたまたピークを過ぎてしまっていたのかは不明ですが、本当のところはどうなのでしょうね。
(^_^)



撮影機材: OLYMPUS E-3 + 14-54mm

秋のニセイカウシュッペ山 登坂中に見えた表大雪(2013.9.22)


登坂して1時間10分ほど経過した場所で撮影した表大雪の風景です。
この頃はまだ山頂付近に雲がかかっている程度でしたが、この後、急速に雲が発達していき、中腹から上が雲に隠れてしまいました。
晴れているとこんなに綺麗な秋の空。
ずっとこの空を見ていたかったのですが、自然は気まぐれ。仕方がありません。
(^_^)



撮影機材: OLYMPUS E-3 + 14-54mm

秋のニセイカウシュッペ山 P310の撮影で山頂までを紹介(2013.9.22)


いやはや、数年ぶりにやって来ましたよ。『ニセカウ』。
朝6時に登坂を開始です。気温は10度ほど。いやはや、寒いぞ。




登り始めて直ぐに紅葉が始まった。黄色は太陽が出ていると映えるなぁー。




青空が広がっているが、雲もどんどん張り出してくる。怪しい雲行き。
『大槍』のシルエットがカッコイイ。




紅葉が登山道を取り囲むようになってきた。いやはや、これは素晴らしいです。




1時間ほどで『表大雪』が顔を見せた。青空がスカッと気持ちいい。




見晴らしの良いポイントには7時9分に到着。
ここから見るに、『黒岳』は7合目付近から山頂にかけて見頃のよう。




『大槍』を背景に秋らしい雰囲気のワンショット。決まった!(笑)




こいつはひたすらに可愛い!




実もたくさん集まると紅葉の風景になるのでありマース。




雲が生き物のようにうごめく。山岳風景ならでは。




『大槍』付近の紅葉も見事。




『チングルマ』も鮮やかな赤を主張しているよー。




『ウラシマツツジ』も負けずに鮮やかな赤。




8時47分、山頂に到着するも雲の中。まったく眺望無し。
そして、ひたすらに寒い。気温は5~6度。
取り敢えず食事をして様子を見ることになりましたぁー。
...が、しかし...『さみーよーーー!!!』
{{ (>_<) }}



撮影機材: Nikon COOLPIX P310

黒松内町 歌才森林公園 コシアブラの木(2013.9.16)


ここには何故か『コシアブラ』の木がたくさん。
まだ少し紅葉した葉が枝についていました。




こちらもとても立派な『コシアブラ』です。
こんなにたくさん見たのは初めてかも知れません。




そして、これが実ですねー。こんな風になっているのでありました。




昨夜は仲間達と飲み会。
こんな雰囲気のブリティッシュ・バーで楽しい一時とビール。
いやぁー、良かったです。また行きたいぜ。
(^o^)



撮影機材: Nikon COOLPIX P310(コシアブラ)、docomo F-01E(ブリティッシュ・バー)

黒松内町 歌才森林公園 ミゾソバの花(2013.9.16)


清らかな水辺に咲いていた『ミゾソバ』の花。




ピンクの先端部がこれから開いて、その一つ一つが花になるのですが、撮影した日はまだそこまでには達していませんでした。
それでも金平糖のようなこの花がとても可愛く思えたなぁー。
いいものを見ちゃった気分でした。



そうそう。株式会社ニコンから新しいカメラが発表されました。
『Nikon 1 AW1』というレンズ交換ができる防水・耐衝撃カメラです。
耐寒でもあるようです。水中でストロボも使えちゃうみたい。
私のように、時折過酷な状況でカメラを使う人でも、安心して撮影ができそうです。
しかも1インチのイメージセンサー(ローパスフィルター無し)を使っているので、きっと高画質だと思います。
一つ気になる点としては、モードダイヤル等が無いことかなー。普段の使い勝手に悪影響がありそう。
いやぁー、20年前に初めてニコノスを使ってみた時のことを思い出しました。あれは無骨なカメラだった...
AW1、タフなカメラで写りがいいのでしたら、本当に最高ですねー。
これから出てくるであろう、レビュー記事や撮影した画像を楽しみにしたいと思いまーす。



撮影機材: Nikon COOLPIX P310

黒松内町 歌才森林公園 ニシキギの赤(2013.9.16)


写真は『ニシキギ』という植物の葉と実です。
緑色の実が見えていますが、確か実は熟すと真っ赤になったような気がします。



台風が過ぎ去ってから、朝晩が急に涼しくなりました。
いよいよ秋本番といった感あり。
標高の高い山では、もう紅葉の葉も落ちてしまったところもあるだろう。
もうそんな季節なのですね。
(^_^)



撮影機材: Nikon COOLPIX P310

黒松内町 歌才森林公園 紅葉間近のブナの葉(2013.9.16)


この時期のブナの葉は、辛うじてまだ緑色をしています。
でも、来月に入り冷え込みが厳しくなってくると、黄金色に変化していくのでありマース。
写真をよぉーく見てください。すこーし黄色くなろうとしていますよ。
うーん。楽しみ、楽しみ。



この日の撮影コンディションは雨模様。
空も暗くて、森の中はとても薄暗いのでありました。
そういう環境下でも、Nikon COOLPIX P310は普通に撮影すると、とっても明るく美しく撮れます。
しかし、実際の森は薄暗いのです。

暗い森は暗い雰囲気を残して撮りたい。
だから、この日の撮影は露出補正をマイナスに振っていることが多かったです。
概ね露出補正0段~マイナス0.7段で設定しました。ISOは100~400かな。
裏面照射型CMOSセンサーは暗所に強い。
でも、暗所に強すぎるから明るく撮れすぎてしまう。
その特性を理解して撮影できるようになると、見た目に近い雰囲気を残すことができます。

安価なコンデジですが、設定が色々できて奥深いです。
きっと後継機のP330も同様の傾向で面白いと思うなぁ。
(^_^)



撮影機材: Nikon COOLPIX P310

三連休が今日みたいな天気だったら良かったのに!


台風一過、今日の日中、天気の良いことと言ったら恨めしいほど(笑)。
まあ、吹き返しの風なのか、強風ではありましたが、それでも三連休は青空でいて欲しかったな。
なーんて思ったので、せめてブログで愚痴っておきましょう。



写真は月曜日に撮ったワンショット。
まあ、雨も必要だけれど、お米の収穫の時期にはあまり必要無いかもねー(笑)。
なんちゃって。
(^_^;)



撮影機材: Nikon COOLPIX P310

黒松内町 歌才森林公園 ブナの幹に流れる雨水(2013.9.16)


雨の中、傘を差しつつ『歌才森林公園』内を歩きました。
本格的な雨なのですが、ここは道がウッドチップで整備されているので雨の日でも歩きやすいのです。

若いブナの木に近づいてみると、雨水が幹に流れています。
ブナの木は表面が“ツルツル”しているので、雨の日には良く見かける光景なのでありマース。




曇り空の暗い森の中でも、幹が“ピカピカ”と光って見えます。
雨水のコーティングを施したブナの木もいいもんだ。



撮影機材: Nikon COOLPIX P310

天気が良くない三連休


なんだか天気の良くない三連休になってしまいましたね。

大雪あたりに繰り出して、雨でも歩こうかと思ってもみたのですが、やはり晴れている方が楽しいのでやめることにしました。
まあ、紅葉のピークは過ぎるでしょうが、次の連休に期待かな。



写真は八剣山の山頂近くの様子です。
岩壁の横に続く登山道がとても素敵なのでありました。



撮影機材: Nikon COOLPIX P310

初秋の緑 恵庭渓谷の苔(2013.9.14)


もうすぐこの苔の上にも雪が降り積もるのでしょうね。
なんて思いつつ、撮ってみたワンショット。
人が座るように作られた木製のベンチにビッシリと生育した苔。
もうこのベンチは苔専用になっているようでした(笑)。



9月、1回目の3連休は、どうも天気が不安定。
それでも大雪方面に繰り出している人が多いのでしょうねー。
皆さんのレポを期待して待っていようかな。
そっ、それにしても...いま、雷が鳴って、滝のような雨が降っています...
(^_^;)

倶知安町 鏡沼 ヤマドリゼンマイの紅葉(2013.9.7)


今朝は『ヤマドリゼンマイ』の紅葉写真ですよ。
湿原いっぱいに紅葉すると、とても見事な風景なのです。



三連休に入りましたが、予報どおり初日の本日土曜日は雨。
この連休は天候不順のまま推移するのかな。
それとも、月曜日だけは少し回復してくれるのだろうか。
天気予報から目が離せませーん。
(^_^)

八剣山でのワンショット(2013.9.8)


八剣山の山頂付近でのワンショット。
カラフルな色合いの虫が白い花の上にいるのです。
紅葉した葉が背景に見えて、少し秋っぽい一枚になったかも。



さて、金曜日になりました。
どういう訳か、この三連休の天気予報は雨マークのオンパレード。
降水確率も60%~80%という高確率で推移のようです。
1日でも良いので天気予報が外れてくれないかなー。
(^_^;)



撮影機材: Nikon COOLPIX P310

鏡沼で見かけた虫たち(2013.9.7)


『鏡沼』へ向かう途中、足下を“ピカピカ”と光る虫が“トコトコ”歩いていた。
あっ。と思い、カメラを構えて近づくと、頭を木の枝の下に入れて死んだふりをした(笑)。




ちょっとちょっとー、『コガネムシ』くん、なに死んだふりしてるの?
意地悪をして、少しつまんで引っ張り出した。
それでも頑なに、『私、死んでます!』、を貫き通しているのです。
いやはや、まいりました(笑)。




『コガネムシ』くんにシカトされたので、先に進もうとすると...
おっ、あなたは?『カミキリムシ』くんだね?君は近づいても我関せずといった感じで“トコトコ”と歩き続けているね。
おかげで被写体ブレした写真になってしまいましたよー。




君はいつも歩いている私の前を飛び回る蝶。
足下の地面にとまっていると、保護色で良く分からないのですよねー。




君はそのポーズのまま動かなくなったね(笑)。
被写体としては申し分のないポーズで死んだふりをしてくれました。
おかげさまで迫力のある写真が撮れて感謝です!色つやもいいねー!




君はまたちょっとパープルな色合いが素敵ですね。
それにしても、ここは『コガネムシ』だらけな場所なのでありマース。
これだけ『コガネムシ』を見ることができたのですから、金持ちになれるかな?(笑)




『鏡沼』に到着して、木製のベンチに座って休憩をしていると、目の前に『アオイトトンボ』くん。
良く見ると、眼までブルーなのですよねー。外人さんみたいでしたー。
ピントはMF(マニュアル・フォーカス)を使用です。やっぱAF(オート・フォーカス)で撮れませんでした。
『アオイトトンボ』の撮影は手強い!

とまあ、そんなこんなの虫たちの写真でした。おしまい。
(^_^)



撮影機材: Nikon COOLPIX P310