投稿

2014の投稿を表示しています

大晦日に2014(平成26)年の山行を振り返る...

イメージ
今年も毎週のように山を歩いたなぁー。 冬は冬なりに近場の低山を中心に登ったり、ニセコ方面でスノーシューしたり。 時折、エゾリーの可愛い姿を眺めたり。



春は室蘭岳や有珠山、写万部岳などを登ったり、雪多い旭岳で遊んだり、そう言えばアポイ岳には2回も登ったりして。 花の季節が到来すると、それはそれは心がウキウキしたものです。



夏は例年とは違って大雪山方面に繰り出すことの多い年でありました。 旭岳を登ってグルリと一周したのが印象深かったなぁー。



そうそう、夏の赤岳、良かったなぁー。 天気にも恵まれて、花良し、風景良し、最高の山行でした。



秋は大雪山系が10年に一度の紅葉となり大当たり~♪ チングルマの赤い絨毯も見ることができ、想像以上で大感動だった。



思えば秋は長く楽しめました。 平山の紅葉も良かったし、阿寒方面の紅葉も素晴らしかった。 もちろん、黒松内のブナ林も最高だったなぁー。
いやぁー、今年も北海道の大自然には本当にお世話になりました。 また来年も目いっぱい遊んでもらおうと思っておりま~~~す。 Thank you, Hokkaido. & ブログを覗きに来ていただいた方々もありがとうございましたぁー。 (^_^)

2014(平成26)年 藻岩山 慈啓会コースで登り納め

イメージ
今日は今年最後の登山。そう、登り納めにいたしました。 やって来たのはポピュラーな藻岩山 慈啓会コースです。 今日は訪れる人も少なかったです。 雪がチラチラと降る中、登山靴に軽アイゼンを取り付けて登坂しました。 チラチラと降る雪もしっかり写っていて、なかなかいい感じー。



登坂の途中、樹上に黒い塊が2個。 ん?あれは...もしや...彼らではない?んーっ??



E-P2では小さく写ってしまうので、急遽P330でズーム撮影。 あーっ、やっぱりエゾリーでありましたぁー。可愛いですぅー。 登り納めの藻岩山、エゾリーに出合えてよかったのでありましたぁー。
ちなみに...今日も半袖シャツ1枚で上半身から湯気出しながら登っていました。最後の最後でもやっちまったぁー。 (^o^;)

撮影機材: OLYMPUS PEN E-P2 + Panasonic LUMIX G 20mm F1.7 Ⅱ ASPH.

PEN E-P2片手に年末の三角山へ

イメージ
年末の休暇に入った本日は、少しでも運動をしておこうと三角山に来てみました。 木々の葉がすべて落ちたので視界良好。遠くの海まではっきりと見て取れました。まさに望洋台です。



固く踏み固まった登山道は、アイゼン無しで登るのは難しそうでした。 それでも長靴で登っている人も居たのですよねー。強者です。 山頂には数名が居て、中には常連さんと思われる方も。



こちらは藻岩山方向です。いかにも冬のモノトーンな風景。



葉が無いと手稲山も良く見えるのですよねー。 冬は冬なりに結構楽しめます。そういえば今日は野鳥の姿をあまり見ませんでした。



小さな山でありますが、ゆっくり登ってもそれなりに汗をかきます。 傾斜のあるところを歩く喜びを満たしてくれる、冬の三角山はありがた~~~い存在なのでありました。



そうそう。私、数日前にマップカメラで中古のレンズを購入して使っています。 Panasonic LUMIX G 20mm F1.7 Ⅱ ASPH. という単焦点レンズでして、パンケーキレンズの類です。 35㎜フィルム換算で40㎜という、今まで使ったことが無い焦点距離のレンズなのですが、これがまた使いやすいのですよ。 物撮り、ポートレート(あまり撮らないけど)、風景、なんにでも使えそう。付けっぱなしでいけるレンズという訳です。 F1.7というレンズの明るさは、薄暗い山の中や室内、夜景にと活躍してくれまして、重要なポイントです。 撮影した写真を見るに、画質はかなりシャープな印象。 これからは、このカメラを常に持ち歩いて、色々と撮ってみたいと思いマース。 (^_^)v

撮影機材: OLYMPUS PEN E-P2 + Panasonic LUMIX G 20mm F1.7 Ⅱ ASPH.

今年最後の忘年会(2014年12月27日)

イメージ
仕事納めを終えた翌日、いつものメンバーで行きつけのお店に集合しました。 はい、今年最後の忘年会なのでありまーす。気心知れたメンバーなので、気楽でいいですわー。 (^_^)



最初はいきなり焼き白子が乗っている、ご主人特製の茶碗蒸し。 超絶に滑らかな舌触りと、コクのある味わいは、ミシュランの2つ星の割烹をも凌駕する味わい。 唸る。唸りまくるのでありマース。



そして、いつもの如く、超絶刺身盛り。 これまた漁港のお店で食べる刺身よりも鮮度が上の勢いなのです。 卸売市場が近くという地の利なのでしょうかねー。



刺身で極楽気分に浸っていたところ、鯛の煮つけが登場。 マッ、マジで?? こんなの最初から出る予定だったの?!



ううっ、美味しい...身がぷりっぷりしてる。 皆で骨までしゃぶりながら、完璧に食い尽くしました。



もう、お腹がいっぱいになってきたところで... こっ、これは? これまた鯛?



鯛めし、ドドーンと登場でありマース。



ふわぁぁぁー。 鯛のフワフワ感と、ご飯に染みたダシのお味が格別なのです。



もちろん、鍋底のお焦げも美味しくいただく次第。



最初は芋焼酎のロックを楽しんでいたのですが、〆はぬる燗の日本酒ですっかりいい気分になっちゃっていたりして。 今年一年、これにてしっかり締めくくることができました。 いやぁー、めでたし、めでたし。



帰り道は、ほろ酔いで風景のスナップショットを撮りつつ、気分よく帰宅したのでありました。 (^_^)

撮影機材: OLYMPUS PEN E-P2 + Panasonic LUMIX G 20mm F1.7 Ⅱ ASPH.

メリークリスマス♪今年もあと僅か!

イメージ
いやぁー、ブログの更新、サボりにサボっておりました。 この間、地味に札幌市内の近場の山には登っていたのですが、雪が降っていたり風が強かったり、登山道が凍っていたりと、どうも写真を写す気になれない場面が多く、結果的にはブログの更新をしていませんでしたぁー。
とまあ、そんなこんなで日々を過ごしていると... いつの間にやらクリスマスがやって来ているのですよねー。 昨日、髪をカットしてきたのですが、お店のスタッフ全員がクリスマスのコスプレをしていて、とても笑えましたー。 コスプレできる職場って、とても自由でいいな。羨ましいです。
さて、今年の仕事も残すところ3日間となりました。 忘年会も残り数回、太らないように気を付ける所存。 ナニハトモアレ、もうちょっと頑張っていきたいと思いまーす。 (^_^)v

撮影機材: OLYMPUS PEN E-P2 + 9mm F8.0 FISHEYE

一気に根雪で冬の嵐

イメージ
北海道内は一気に根雪になりまして、しかも冬の嵐が猛威を振るっております。
今朝も強風が吹き荒れている。ただ、降雪量は1~2センチ程度のようで助かりました。
それとも、これから雪も降り始めるのだろうか。

そんな雪景色の写真でも掲載しようかと思ったのですが...
寒々しくて、あまり見る気になれないのです。
だから、秋に撮影しておいた緑の写真を掲載です。


これ、地球岬緑地散策路で撮っておいた一枚。 撮影日は11月9日です。この頃はまだ暖かかったなぁー。

撮影機材: OLYMPUS E-3 + 14-54mm

雨が降り~ 雪が溶け~ 夜に凍る?

イメージ
今朝は道路の雪が溶けています。 雨が降るとの予報。外はもう降っているのかも。 そして、夜にはまた冷え込んでくるみたいです。やはり冬! 体調を崩さないように頑張るぞ。 (^_^)

写真は「百合が原公園」の温室にて。

撮影機材: OLYMPUS E-P2 + 9mm F8.0 FISHEYE

急に雪が降り積もりました!

イメージ
札幌市内も急に雪が降り積もりました。 今朝はシーズン初の本格的な除雪を実行。 これでやっと12月っぽくなった気がします。
そろそろ今年一年を振り返ることを始めています。 何よりも一番良かったと思うことは、とにもかくにも大病を患うことなく終えられそうなことでしょうか。 次に、今年も様々なクエストを実行したことが良かったと思っています。

写真は「百合が原公園」の温室にて。

撮影機材: OLYMPUS E-P2 + 9mm F8.0 FISHEYE

お腹・腰周り改善中

イメージ
まさか、お腹や腰の写真を掲載する訳にもいかないので、無難な写真を取りあえず載せておいて...と(笑)。
わたくし、十数年間ほど同じサイズのスラックスを着用し続けている訳でありますが、ここのところお腹と腰周りが太くなる傾向にあり、スラックス着用の危機が続いておりました。 どうやら、スラックスの全面作り直しという危機は回避できそうですが、まだ安全マージンを確保するまでには至っていないのでした。
太る原因として考えられるのは、基礎代謝の低下。 まあ、あと3か月ほどで50歳なので、それも当然といえば当然ではありますが、漫然ともしていられません。 加齢で増加しにくい筋肉を必死に筋トレしつつ確保、それにより基礎代謝を上げるという悪あがきを進めています。
本当になんとかしなくては...太るのは嫌だ!! (^_^;)

撮影機材: OLYMPUS E-3 + 14-54mm

藻岩山 旭山記念公園コース(平成26年12月7日)

イメージ
今週も藻岩山にやってきました。 まあ、なんて言いますか、少し体を絞らないとダメかと思いまして。 平地を歩いていても体は負荷を感じないらしく、やはり傾斜のある山が必要なのでありました。



本日はタイトルの通り、旭山記念公園コースで登りました。 長い尾根道を楽しめまして、ちょっと違った藻岩山の登山を味わえます。 尾根に出ると藻岩山の山頂が遠くに見えてきました。



札幌市の街並みが雪に霞みつつ見えます。



登りがあれば、下りもある。 アップダウンを繰り返しつつ、まずは「馬の背」を目指します。 尾根道、楽しいです!おっと、滑らないように注意、注意。



登りの午前中の天気は強風が吹いたり、突然アラレが猛烈に降ったり。 寒さも厳しく、なかなか荒れていたのですが、それはそれで楽しいのでありマース。 ここだと荒れた天気になっても、滅多なことでは遭難しそうもないですしー。



山頂では、厳しい寒さの中、一杯の紅茶とお菓子で休憩。 その後、下山する頃には風もおさまり、空には少し青い部分が見え隠れ。



どうやら天気は回復傾向なようです。



登りの時よりも天候が回復し、札幌の街並みが良く見えた。



下山はとても快調に足が進みます。 先週の泥で滑る登山道よりも圧雪の方が歩きやすい。 振り返ると、藻岩山の山頂が良く見えました。



街並みも雪景色。すっかり白くなりましたねー。



そんなこんなで無事に登山口へ戻ってきました。 このコースは確か小林峠コースに次いで距離が長いコースだったような...違ったかな。 しっかり歩けて登り甲斐あり! とても楽しい冬の藻岩山登山でありましたぁー。 (^_^)

撮影機材: Nikon COOLPIX P330(jpeg)

フィッシュアイは靴まで写るのだぜぇー!

イメージ
わたくし、まだまだフィッシュアイ・レンズに慣れてない。 ほら、写真のどこかに私の靴が写り込んでいます。はい、左下です。
写真に足が入ったり、指が入ったりと、気を付けないと色々なものが入ってしまう。 超広角って、こういうハプニングも楽しむべきかなー(笑)。 (^_^.)

撮影機材: OLYMPUS E-P2 + 9mm F8.0 FISHEYE

有珠山で見つけた紫色の実(2014年11月23日)

イメージ
そういえば有珠山で紫色の実を見つけていました。 なんとなくですが、この実は初めて見た気がします。 こうなる前は、どんな姿だったのかな~~~...

自宅の周辺は今朝もほぼ積雪ゼロ状態。 ところが、少し郊外に出ると大雪なところがあるようです。 この違いって、いったいどういうことなのか。 除雪が必要なくらいの積雪はいつ来るか。 (^_^;)

撮影機材: Nikon COOLPIX P330(jpeg)

グレートトラバース第5集を繰り返し見た!

イメージ
NHK BSプレミアムの「グレートトラバース 日本百名山 一筆書き踏破」、終了してしまいました。 放映終了してから、録画を何度も繰り返し見ましたよ。 いやぁー、恐ろしくハードな行程をよくもまあ、踏破したものです。 ロードを歩き、山を登り、海をカヤックで渡り、凄い凄い。 今後、総集編を作って正月にでも放映してくれると嬉しいな。 それと、北海道の山々の紹介がかなり省略されていたので、その部分ももう少し詳細が見たいな。 それとも、今後15分の編集版で紹介されるのかもね。

写真は有珠山から撮った駒ヶ岳です。 海がキラキラと輝いていて素晴らしかったなぁ~~~。 (^_^)

撮影機材: Nikon COOLPIX P330(jpeg)

今日明日は荒れ模様

イメージ
今日と明日は荒れ模様の天気になるようです。 いよいよ根雪も間近といったところでしょうか。

テレビでは流行語大賞の報道が盛んにされています。 紅白の出演者も決まり、年末が近い感じ~~~。 (^_^)

撮影機材: Nikon COOLPIX P330(藻岩山山頂にて)

馬の背のベンチにて(札幌市 藻岩山 平成26年11月30日)

イメージ
霜の降りた馬の背のベンチに誰かが置いたカラビナ。 山ならではの風景に思えたので、スナップ写真にしてみました。 無事、持ち主の元へ帰ることができたかな?



ヨドバシドットコムから「マスターキートンReマスター」が届いた。 昨夜、じっくり時間をかけて完読。相変わらず危ない目に遭いつつ、人間味あふれる内容だ。 実際には、こんな人生は御免だが、やはり冒険心をくすぐることは間違いない。
「人生は冒険。」な、ようです。

撮影機材: Nikon COOLPIX P330(jpeg)

11月最終日は藻岩山でいい汗

イメージ
今日は藻岩山へ。 北海道新聞にも掲載されていた「日本初のスキーリフト跡地」の看板が真新しい。 進駐軍が使っていたものとのこと。写真を見て、背中合わせで乗るリフトって、降車するときはどうするのだろうと思った。



このコンクリートの基礎は歴史的な価値があるのでしょうが、天然林の中ではやはり異物だなぁ~。 個人的には、こういう中途半端な感じの異物をあえて保存することに意味を見いだせないのです。 いや、あえて保存していないか。いままで放置していただけか。 それにしても、この塊が土に還るには、あと何万年必要なのだろうか。



葉が全く無くなった木々。視界は良好。 アカゲラが「キョンキョン」と鳴いていて、見渡すとすぐに見つかる。 これから冬にかけて野鳥観察が容易になる、いい季節。



山頂から大都市さっぽろを眺める。 随分と霞がかかっていました。まさか、中国からのアレ(PM2.5)なのでしょうかねー。 その後、濃い目の珈琲とチョコレートを楽しみながら休憩をして、泥で滑る登山道を慎重に下山。 いい休日でした。

撮影機材: Nikon COOLPIX P330(jpeg)