投稿

4月, 2015の投稿を表示しています

カタクリとキクザキイチゲたち(2015年4月26日)

イメージ
キクザキイチゲは前から鑑賞しても良し!



後ろからその花の輝きを鑑賞しても良し!



もちろん、カタクリたちの背後でチョイ役で出演しても良し(笑)! (あっ。一応解説させてぇー!この写真は、手前の朽ちた倒木がポイントなつもりで撮ったッス。あくまでも、「つもり」ッス。)
いんやぁー、まったくもっていい季節ですぅ~~~。 ヽ(^o^)丿

撮影機材: OLYMPUS PEN E-P2 + Panasonic LUMIX G 20mm F1.7 Ⅱ ASPH.

カタクリとキクザキイチゲの季節(2015年4月26日)

イメージ
有珠山を下山したその足でカタクリの花が見たくなり、更に1時間ほど南下してみました。 咲いているかな?終わっているかな? 現地に到着してみると、いやはや、咲いている、咲いている。 待っていてくれたのは、キクザキイチゲとカタクリの花。



遅い時間に訪れたので、斜陽がカタクリの花に当たって輝いているのでありマース。 温泉に入りたいのを我慢してここまで直行して良かったぁーーー。 まっ、この撮影のあと、すぐに温泉に向かいましたけどねー。



ほんの少しだけ紫が入ったキクザキイチゲもたまりませ~~~ん。 いんやぁー、今年もカタクリとキクザキイチゲを堪能できて、鼻血ブー(ezomomongaさん風)ものでしたぁぁぁ~~~!(爆) ヽ(^o^)丿

まだ写真があるので、この後も小出ししまーす。 (^_^)v

撮影機材: OLYMPUS PEN E-P2 + Panasonic LUMIX G 20mm F1.7 Ⅱ ASPH.

春恒例 有珠山登山(2015年4月26日)

イメージ
すっかり春の恒例行事となりました、有珠山の登山へと行ってまいりました。 さて、今年の有珠山はどんな感じなのでしょうか。まだ沿道の桜は咲いていないので、花には早いかな?



歩き始めてすぐにコジマエンレイソウが咲いていました。



ミヤマエンレイソウは時期が早いようで、ごく少数しか開花していません。



コジマさんもこれからが最盛期になるのだろうなぁー。




久しぶりの夏山登山。 ちょっと鈍った体にはちょうどいいです。どんどん登ります。 有珠湾方面が見えます。春霞な感じ。



山頂が近づくにつれて、強風が吹き荒れる状況になりました。 もう、この時点で体が持って行かれるくらいの強風なのです。 写真の有珠山の斜面では強風で土埃が巻き上がっています。



小有珠の右奥からは噴気が出ています。



強風に耐えながら洞爺湖とその向こうに見える羊蹄山を撮り、ここでの昼食はあきらめてすぐさま下山を開始しました。 それにしても風が強い。半端な風ではありませんでした。



下山は花を探しながらのんびりと。 かろうじて一輪、しっかりと咲いているミヤマエンレイソウを見つけました。 そうそう。今回はOLYMPUS PEN E-P2のみで撮影していたのですが、このE-P2は見事なくらい花にAFが反応しないのですよねー。 常にピントが大外れ(泣)。なので、今回の花はすべてAF+MFモードを用い、マニュアルでピントを合わせています。 よって、高山植物の撮影にE-P2は不向きという結論です。



ネコノメソウも咲いていました。



スミレは登山口の近くまで下山すると咲いていた状況です。 有珠山の花はこれからが本番なようでありましたぁー。 (^o^)

そういえば、ネパールで25日に大きな地震があったようですね。 甚大な被害があったようで、トレッキングツアーの方や登山者もかなり多く犠牲になっているとか。 時々考えることがあったのですが、山に登っているときに大きな地震に遭遇すると、落石、斜面の崩落、冬なら雪崩などが発生して大変なことになる可能性があります。 日本は地震国なので、日ごろからこのことは多少意識して山に登らなくては...

撮影機材: OLYMPUS PEN E-P2 + Panasonic LUMIX G 20mm F1.7 Ⅱ ASPH.

函館と言えば函館朝市の朝食!(2015年4月19日)

イメージ
早朝から函館山を登り、下山後は函館朝市へGO! 名店がずらりと並ぶ中で、私は恵比寿屋食堂へ入店です。



前回の函館旅で食べられなかった活イカ。 当日はヤリイカが水揚げされておりまして、水槽で元気に泳いでる! やったぁー。待っていたぜ、活イカくん。



入店後、すぐさま注文! うわっ。まだ動いているヤリイカの刺身が出来上がり(ごめん!イカちゃん!この世の中は残酷なのさ)。 身はコリコリとした歯ごたえで、甘みもあり極上の朝食だ。



もちろん、下山後で腹ペコなので、海鮮どんぶりも。 どうですか。どれもこれもプリップリ。海鮮の「しずる感」がたまらーん!でしょ?! (^o^)
さて、活イカですが、必ず水揚げされているとは限らないとのこと。 また、食べられるのは主に午前中とのことでありましたぁー。 狙って行く方は、そのあたりも考慮の上でいってらっしゃいませませ♪ (^_^)

撮影機材: OLYMPUS PEN E-P2 + Panasonic LUMIX G 20mm F1.7 Ⅱ ASPH.

花の函館山 その3(2015年4月19日)

イメージ
七曲りコースの最下部まで下り、宮の森コースで駐車場方面に進んでいる途中、見慣れない花と出合いました。 最初、キバナシオガマ? と一瞬思ったのですが、あれは高山植物。 ではなんだろう? 帰宅後、調べてみるとエゾキケマン(蝦夷黄華鬘)という花だったことが判明しました。 こっ、これは...初めて見た花だと思います。記憶に無し。 こういう花も存在するのですねー。 1つ1つの花がバラバラの向きに咲いていて無秩序なのでありました。



道沿いを飾るキクザキイチゲ。



道の山側斜面にもたくさんのキクザキイチゲ。



キバナノアマナもちらほら。



場所によってはニリンソウがワッサワサ。 ここは碧血碑の周辺です。きっと今頃は花盛りぃ~~~♪



これから咲こうとする活力のピンク色がかわいい。



エゾエンゴサクも近くで咲いている。



春だねぇー。



春はいいねぇー。



杉のフカフカした道を進み...



見事に組み上げた木道を抜け...



いこいの広場で青空を仰ぎ見...



駐車場のある登山口まで戻ってまいりましたぁー。 二度目の函館山は2時間40分ほどの山遊び。 ここは冬も良し、春も良し。地元と思われる登山者の

花の函館山 その2(2015年4月19日)

イメージ
旧山道コースから千畳敷コースへ来ました。 ここからは稜線となりまして、海を眺めながら快適に歩を進めます。



亀田半島が遠くまで見えて素晴らしい。



振り返り山頂を眺めると、その右手奥には駒ヶ岳。



地蔵山の見晴台までやってきました。 ここから七曲りコースを下って行きます。



冬に訪れた時は、この下りでかなり疲れた記憶があったのですが、夏道は何の問題も無し。 それに、花が咲いているので飽きません。やはり春はいい!



花ではありませんが、何気ないこんな芽吹きと苔も好きです。



結局、どこにでも咲いていたコジマエンレイソウ。



スミレは様々な色と形が楽しめました。



この子は白いのですよねー。



横から見るとこんな感じ。



この子も可愛いのでありました。



シダの陰に隠れていたのはこの子。



白い子と紫の子。


花の函館山 その1(2015年4月19日)

イメージ
朝6時過ぎ。函館山の登山口に立つ。 前回登ったときは雪景色であったことを思い出す。



旧登山道コースは杉林の中を歩く。 なんともいえない杉の香りが辺りに漂っており、朝の凛とした空気と相まって非常に気持ちいい。



足元を見ると、なんと花の多いことか!



このカタクリなどは、もう花期の終盤に差し掛かっていた。



これはコジマエンレイソウ?! 朝陽に照らされて、もともと可憐な花がさらに引き立っている。



朝露に塗れた花も、またいい。



スミレは見る度に微妙に種類が異なっているように思えた。けど...詳しくは???



種類の判別はとても苦手。(^_^;)



朝、まだ花開かないキクザキイチゲ、背景にはエゾエンゴサクと杉林。



元気に咲いている個体も見受けられた。



花開かずとも、こう並んでいると絵になるものだ。



エゾエンゴサクの群落も見られた。 白い花を探している登山者が、「いつもはここで白い花を見つけるのだけれど、今年は見当たらないなぁー。」と言っていました。 満開になったら見つかるかも。

撮影機材: Nikon COOLPIX P330