投稿

9月, 2015の投稿を表示しています

わたしは赤い葉! そんなエゾナキウサギ(北大雪 平山 2015年9月26日)

イメージ
紅葉したチングルマをたくさんくわえたナッキー。 欲張ったものだから、顔が見えないくらいなのでありましたぁー。
この後、猛烈なスピードで走り去るのですから恐れ入りました(笑)。 アハハッ! (*´▽`*)

撮影機材: OLYMPUS E-3 + 55-200mm

北大雪 平山のエゾナキウサギは大忙し(2015年9月26日)

イメージ
真っ赤なチングルマの葉に突入したナッキー! 「美味そうなチングルマの葉はどれだぁー?」



「んっ?!美味そうな葉を見つけたぞ!うりゃ。」 顔を突っ込んで...



「おりゃー!」 とチングルマの葉をくわえて勢いよく頭を上げる! アハハハッ!四足で思い切り踏ん張って、凄い勢いで葉を引きちぎるのでありまーす。 小さいナッキーでも、観察しているとなかなかパワフルなのでありましたぁー(笑)。 (^_^)
可愛いナッキーの写真はまだ続きまーす。 ヽ(^o^)丿

撮影機材: OLYMPUS E-3 + 55-200mm

北大雪 平山の秋(2015年9月26日)

イメージ
9月23日 秋分の日に、藻岩山(旭山記念公園コース)を登って、腰痛リハビリの最終仕上げをしたところ、痛みのピークは過ぎたことを確認できました。 ならば遠征しても大丈夫だと判断し、さっそくですが平山へとやって来ました。
歩き始めてすぐに紅葉がお出迎え。 今年も来ることが出来て嬉しいです。



贅沢な黄色のトンネルをくぐりながら歩きます。



天気はあいにくの曇り空ですが、紅葉が色濃く映えるのです。 山頂方向は雲の中に入っている模様。



冷涼の滝。いやぁー、来てよかった。いや、来ることが出来てよかった。



第一雪渓まであと少しの地点。紅葉の斜面に目を奪われる。



第一雪渓の上部。草紅葉を眺めながら小休止。



第一雪渓を上部から眺める。エゾナキウサギの鳴き声が響く。 遠くの山並みは望めませんでしたが、紅葉の時期はいいものです。



真っ赤だなぁー。オトギリソウの葉かな?綺麗だなぁー。



チングルマも真っ赤になっている。 こんな世界を見ながら登ることが出来るので、まったく飽きません。



うわっ。オレンジ色や黄緑色なども綺麗だ。



さて、辺りにガスが立ち込めていて、視界不良なのですが、ナッキーは居ないかなぁー。と思いつつ探していた矢先にいきなり出てきた!! 葉を口にくわえてムシャムシャ食べている(笑)。



ん? ぼけーっ...(笑)。


八剣山 西コースから中央口へ(2015年9月22日)

イメージ
腰痛のリハビリを兼ねた登山、第二弾は八剣山。 歩行時間が短くて、登山口までの距離的にも近場なのが腰痛には具合がよろしいのであります。 (^_^;)
当日、空には雲があるものの、なかなかの好天となりました。



本日は「西コース」から登ってみることに決定。 久しぶりに訪れたので、登山口がどこなのか、ちょっと忘れていました。 疑心暗鬼になりつつ、林道を歩いていくと...ありました、登山口!



歩き始めてすぐに登山道の雰囲気から、こちらのコースはあまり人が歩いていないことが分かりました。 きっと南コースの方がメジャーなのでしょうねー。
登りながらふと見ると、なかなか渋いデザインの看板を発見。 この手のものを見ると思わず撮影してしまいます(笑)。



おおっ。足元には見事なキノコの群落。 でも、これって食べることができなさそう。見るだけキノコ。



さて、この西コースは中盤からかなりの急坂となります。 登山道にはロープが張っておりまして、これを補助に使いながらの登坂を続けます。 急坂好きには、たまらないかもー(笑)。



私ごとですが、急坂だと一歩一歩、高度をかせぎながら登っている気がして好きだなぁー。 しかも、八剣山だと「あっ」という間に登りつめることができるのですよねー。



はい。山頂の直下までやって来ました。 本日は晴天なり~~~♪ いい感じです。



うひょー。相変わらずの高度感だなぁー。 同じような高度感のある山としては石狩市にある黄金山かなー。



眼下の街並みがジオラマのように見えます。



狭い山頂はたくさんの登山者で大賑わい。 なかなか座る場所が空かないのでありましたぁー。しばし立ちんぼ。 ここまでに要した時間は約1時間。サクッと登れていい感じの山です。



やっぱりこの高度感は凄い。高所恐怖症の人には鬼門となる山ですな(笑)。

痛めた腰にやさしい東ヌプカウシヌプリから然別峡かんの温泉へ(2015年9月21日)

イメージ
楽しみにしていた休み前に良くありがちな事件。 そうなんです。連休前半、ちょっと重いものを持ってしまったんですよ。 そうしたら、背筋に「ピシッ!」と破滅の音が...
はい。やっちゃいました。背筋と腰。思い切り痛めましたとも。
翌日は歩行も困難な状況。いや、起床すら相当な気合が必要。 だいたい、中腰になることができない。静止できない。洗顔できない。
これでは連休中の目標としていたウペペサンケ山なんて行こうものなら、自ら遭難を志願するようなもの。 かと言って...療養しているのはどうしても...


そんなこんなで、せめてウペペサンケ山の近くへ。 しかも、腰にやさしい(?)東ヌプカウシヌプリを訪れてみました。 先に結果をいうと...腰痛は甘くない! ここでもかなり限界でした。 (-_-;)



何はともあれ、登山開始。 ここ、初めて登るのですよねー。なんだか苔むしていて、いい山だなぁー。



腰痛の影響で、右足を思うように上げられません。 時には腕で右足を持ち上げながら登坂していきます。 ん~~~。紅葉が綺麗です。始まって来たねー。



おおーっ。ダケカンバに青空。 体調の影響もあり、既に大汗をかいていますが気持ちがいい!
そうそう。今回のレポはスマホのカメラで撮影した写真を使用しています。 なので、縦横比が16:9になっています。LUMIXを使っていた頃を思い出すなぁー。



稜線上に出ると素晴らしい風景。 眺望はあまり良くない山とのことですが、なかなか良いではありませんか。 山の見える方面をパチリ。



青に白に黄色。秋を感じさせるなぁー...



んんん~~~。赤も加わって、いいね、いいねぇー!



たまらないくらい綺麗な風景です。



おおーっ。遠方には雄阿寒岳、雌阿寒岳、阿寒富士も見えております。



風景撮りにスマホのカメラってどうなのかな? などと思っていたのですが、なかなかどうして馬鹿にならないと思いました。 コントラストが程よく強調されて、いい作品になると思った次第。 これだもの、「旅はスマホだけで十分」だと言う方が多いのも納得しました。