夏っぽい暑さになってきた!


この夏は暑くなるのか? なんて思っていたのですが...
心配ご無用、いよいよ暑い日々が始まりそうな予感です。
今日も明日も最高気温が25度を超える夏日。
いやはや、暑さに弱い身としては試練の季節、到来か!覚悟せねば...

写真は以前撮影した地球岬でーす。(^_^)

昨年6月の羊蹄山山頂(未掲載写真)


こうしてブログを書いていますが、実は未掲載写真は多いのです。
だから、時々ですがこうして小出しに掲載します。
この時の山行は、9合目から下は雨で大変でした。
それ故に、雲海の上に出た時の嬉しさは忘れられないな。
ただし、下山時は再び大変でした。それも忘れられない(笑)。


新聞報道やネットの記事を見たところ、恵庭岳山頂部の「でべそ岩」が崩落したとのことです。
もともと崩落の危険性が指摘されていた岩塔部なので、まったくもって驚きは無し。
あと数年、数十年もすると山頂部の姿かたちがかなり変化するのかも知れません。
それもまた自然の営みだなぁー。
(^_^)


撮影機材: Nikon COOLPIX P330

ぶらりとイワオヌプリへ(2016年6月19日)


ニセコアンヌプリを登った翌日は、お隣のイワオヌプリをぶらぶら。
駐車場はほぼ満車。登山と山菜採りの方々が大半ではないかな。




登り始めるといきなりツバメオモトがどこかしこに咲いている。




まだつぼみの株も多く、あと少しの間は花を楽しめそう。




マイヅルソウもこれからが花の最盛期といった感じ。




名物の階段。息切れしないようにゆっくり登る。




エゾヤマツツジは花が落ちる寸前。




ガレ場を登坂中に見つけたコケモモの花。




山頂台地の手前には背の高いハクサンチドリが3株。




ここまでやって来ると、風が吹き抜け気持ちがいい。




時計回りのコースで山頂を目指す。大沼が良く見える。




大沼をズーム。その向こうに岩内の海も見えた。




山頂に人影が見える。その奥に昨日登ったニセコアンヌプリ。




目国内岳の様子が気になる。




ズームをしてみると、山頂付近にはまだそこそこ残雪が見て取れた。




そろそろニセコアンヌプリの左肩に...




あの山のシルエットが見える...




見えました。ニセコアンヌプリの向こう側に羊蹄山。




山頂で軽く軽食を食べ、野鳥のさえずりを楽しみながら珈琲タイム。
その後、下山開始。登りでは気がつかなかったナナカマドの花。




この子は...なんだろう。マルバシモツケのつぼみだったかな?!




まるでボールのようなイソツツジ。




この花を見かけると夏を感じるのですが...




桜が咲いていたりすると、まだここは春なのか? という気にもなり...




エンレイソウが咲いていたりすると、ますます春っぽく感じる。




それにしても、今回は随分とツバメオモトが咲き乱れていた印象。
ここでこれほど咲いている様子を見たのは初めてかも知れない。




最初から最後まで天気が良く、登坂中は蒸し暑くて汗だくの山行でした。
その割には咲いている花は春っぽく、そこが雪解けの遅いニセコらしさなのでしょうね。
とても良いぶらり山行でした。(^_^)v


撮影機材: Nikon COOLPIX P330

昼食を食べにニセコアンヌプリへ(2016年6月18日)


当初、もう少しハードな山行を考えていたのですが、思わしくない天候を考慮しニセコアンヌプリに決定。
さっそく現地入りして、ガスがかかる中の登坂開始。
葉に水滴を抱えたイチゴが出迎えてくれた。




これはツルリンドウの実でしょうか。




葉に乗っている水滴は本当に綺麗。




マイヅルソウとゴゼンタチバナのコラボレーション。




この子は妙に立派だこと(笑)。




天気の回復を祈りつつ登坂中。
隣のイワオヌプリが雲間から見えてきた。




良く整備されている登山道。
爽やかな風が時折通り過ぎ、とても気持ちがいい。




そこそこ高度が上がってきた。
登坂する先には青空が見え始め、とても清々しい。




ミヤマキンバイとガスが取れたイワオヌプリ。




山頂が見えた。
最後はほぼ平坦な道を行く。




思いがけずのシラネアオイ。
ここで見るのは初めてかもしれない。




山頂着。
楽しみにしていた羊蹄山の風景。
なんと、雲海から山頂付近が顔を出していた。画になります。




倶知安町の方向を見ると、眼下には...




鏡沼。
木道まではっきりと見えていた。




まるで1,800~2,000m級の山のような雲海風景。
しばし、この風景を眺めつつ休憩。




ニセコの山々と雲海。




いざ下山開始。




ハイマツの赤い実。




雲海へと続く道のよう。




いつの間にか、天気は回復。
終わってみると、今回も気持ちの良い山行となったのでした。
ヽ(^o^)丿


撮影機材: Nikon COOLPIX P330

キャンプの焚火(2016年㋅18日)


週末は久しぶりにキャンプ。
冷え込んだ夜は、焚火の炎が暖かかった。

もちろん、キャンプ当日とその翌日も山へ。
いまは心地よい疲労感に包まれています。
(^_^)


撮影機材: Nikon COOLPIX P330

徳舜瞥山ブラブラ(2016年6月12日)


オロフレ山を楽しんだ翌日は徳舜瞥山へ。




風が強く、時折小雨だったので適当にブラブラ登山。
緑色のゴゼンタチバナ。まだ子供です。
白になる前って初めて見たかも。




白いブラシのような花も咲いていた。




大人のゴゼンタチバナです(笑)。




このブローチのようなぶら下がっている花はなんなんでしょうねー。




こんな花や...




コミヤマカタバミもハート型の葉で登場。




6合目の湧水でコーヒー。




ミツバオウレンは大好き。




白いスミレも咲いていました。




毎度おなじみ、マイヅルソウ。




エゾヤマツツジは終盤かな。




水場にはネコノメソウが咲いていたのでありました。
もうすっかり花の季節だ。
(^_^)


撮影機材: ZTE Blade S (goo g03 スマートフォン)