投稿

2017の投稿を表示しています

鏡沼を飛翔するヤンマ(2017年9月9日)

イメージ
スマホのカメラで飛翔するヤンマを撮影したワンショット。 カメラがスマホなので、上手に撮れる訳が無いだろうなー。と思いつつも、スマホを振り回していたら、あらあら撮れちゃった。 きっちり水平も出ているので、トリミング無しで掲載することが出来た写真なのでありました。 うまく行き過ぎー!

今朝(9/12)の道新朝刊を見たら、黒岳の紅葉が見ごろとのこと。 だろうなー。旭岳も綺麗になっているだろうなー。 だろうなー...

撮影機材: ZTE BLADE S(SIMフリースマホ)

初秋の鏡沼(2017年9月9日)

イメージ
神仙沼のトレッキングをした後は、鏡沼にやって来ました。



マイヅルソウの実はすっかり熟して、来年への備え万全です。



エゾオヤマリンドウが湿原の入り口でお出迎え。



ブルーの水面に吸い込まれそうになりました。 岸辺の草紅葉も黄金色になりつつあり綺麗です。



地面はすっかり紅葉です。



すっかり天気は回復。 爽やかな風が吹き抜けていきます。



オヤツのプルーンを丸かじり。



ウメバチソウがたくさん咲いていました。



帰路、沢を渡ります。水がとても澄んでいる。



沢に横たわっている倒木。 緑と苔がとても鮮やかで綺麗なのでありました。
初秋の鏡沼。いいトレッキングとなりました。

撮影機材: ZTE BLADE S(SIMフリースマホ)

初秋の神仙沼(2017年9月9日)

イメージ
本日は登山には少々微妙な天気予報だったので、ニセコ方面の神仙沼を訪れてみました。 現地は曇ったり晴れたりを繰り返す状態でした。



シダの紅葉が進んでいます。 もう少しすると、もっともっと色づくのですよねー。



池塘と草紅葉がいい色合い。 奥に見えているチセヌプリには雲がかかっていました。 風も爽やかで、気温も20度ほど。 いよいよ秋なんだなー。と実感でした。

撮影機材: ZTE BLADE S (SIMフリースマホ)

礼文島 もう一つの道端の花(2017年8月10日)

イメージ
礼文島で見かけた道端の花。 この花は綺麗なピンク色をしていました。 いったいどんな種類の花なのだろうか...

病院から人間ドックの健診結果が来ました。 概ね良好という検査結果に一安心。 それと同時に、自分のウィークポイントも分かった。 次なる目標は、中性脂肪を下げることと、ウエストをもう少し細くすること。 これはなかなかの難題だ...そう簡単ではないぞ!

撮影機材: CASIO EX-ZR3000

礼文島 道端の花(2017年8月10日)

イメージ
礼文島をぶらぶらしている時に、道端で撮影した花。 何故かちょっと気に入っていたりして。

ドラマの「コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命 THE THIRD SEASON」がもう少しで終わってしまう。 ずっとガッキー押しで見ていたのでさみしい限りだ。

撮影機材: CASIO EX-ZR3000

礼文島 宙玉ハナイカリと久しぶりの三角山~大倉山

イメージ
礼文島で少し遊んで撮影した宙玉のハナイカリ。 こういう遊びもいいもんだ。



今日は午後から運動不足解消のために三角山へ。 新調したモンベルのズボンをはいて登ってみました。 履き心地は良好。いい買い物をしました。



ついでに三角山から大倉山まで足を延ばしました。 ベンチに座り、お手製のゴーヤ茶をいれてぼんやり休憩。 奥三角山まで行こうかと思っていたのですが、今日はここで引き返し、哲学の道を下って下山しました。
風が冷たく感じられ、秋めいていた山散歩でした。

撮影機材: CASIO EX-ZR3000(1枚目)、ZTE BLADE S

礼文島 船泊湾の海岸は貝殻海岸だった(2017年8月10日)

イメージ
遠くから見ると白浜の船泊湾。海が綺麗です。 そして、海岸まで行ってみると...



砂?砂利?じゃなくて、全部貝殻!



貝殻で出来ている海岸!!



波打ち際は砂もありましたけど。 でも、ずっと貝殻。こんな海岸があるのですねー。 「ジャリジャリ」と音を立てながら海岸を散歩したのでありました。
そうそう。ツメタガイ(巻貝)に食べられたエゾタマキガイ(二枚貝)の貝殻がたくさんありました。 貝殻に円い穴が空いているのです。不思議でしたよ~。



余談ですが... 海岸の手前にあった「タコ公園」。 なにそれ? って感じですが、タコが居るからなんですねー。 (^_^;) どうしてタコなんだろう...

撮影機材: CASIO EX-ZR3000

礼文島 香深港フェリーターミナル 武ちゃん寿し(2017年8月9日)

イメージ
島をグルグル巡った午後、お腹が空いてしまったので、香深港フェリーターミナル内にある「武ちゃん寿し」へ入店しました。 迷わず生ウニの軍艦巻きを注文です。
ワクワクして待つこと数分、キター! 左がムラサキウニ。右がバフンウニ。 一貫が大きい。けちることなくごっそりと乗った生ウニ。
いざ実食。 ムラサキウニの爽やかな甘みにクラクラ。 バフンウニの濃厚なうま味にうっとり。 やっぱ、礼文島には行くべきです!(笑)

撮影機材: ZTE BLADE S(スマートフォン)

利尻島 ペシ岬の海(2017年8月6日)

イメージ
溶岩で埋め尽くされたペシ岬の海岸。 ここの海は、きれいな海さ。最高なのさ。

撮影機材: ZTE BLADE S(スマートフォン)

稚内牛乳と稚内牛乳バニラアイスクリーム

イメージ
旅でのちょっとした出来事を書いておこうかな。 今回の旅では美味しいものに色々と出会えました。 その中でも、印象的だったのは牛乳とアイスクリーム(ウニとか昆布じゃないの? っていうツッコミは聞き流す!)。 この稚内牛乳は、朝食として飲んだのですが、凄いですよ。 特濃な牛乳なのです。濃すぎて成分が沈殿してるんじゃないの?(多分、沈殿しています)っていうくらい特濃で味わい深いのであります(容器を振ってから飲もう!)。 正直言ってオススメです。フェリーターミナルの売店で売っていました。



でもって、旅をしているある日、ぼんやりと地元新聞を読んでいると...稚内牛乳のアイスクリームが美味しいと書かれていたのです。 あの美味しい牛乳で作ったアイスクリームって、いったいどうなってしまうのだろう? そう思い、今度は帰路にフェリーターミナルで稚内牛乳バニラアイスクリームを購入してみましたー。



これがその中身です。 牛乳に負けないほどの特濃感。 なんていうか、ホワイトチョコレートのアイスクリーム版みたいな印象を受けました。 是非とも皆様にも食べていただきたいものです。
調べてみると、店舗での購入は稚内の地元のみのようですが、稚内農業協同組合のホームページで通販もやっていました。 http://jawakkanai.jp/milk 私、もう一度この特濃感を味わってみたいので、購入しようか、どうしようか悩み中だったりして。 とまあ、旅のこぼれ話でしたぁ~~~。

撮影機材: ZTE BLADE S スマートフォン

礼文島 久種子(2017年8月10日)

イメージ
礼文島北部にある久種湖(くしゅこ)。 船泊の町に隣接している湖です。 周辺には何か所か高台があり、久種湖を上から眺めることが出来ます。



湖畔からトレッキングコースに入るところです。 この久種湖、川が海の砂でせき止められて出来たとガイドペーパーに書かれていました。 サロマ湖の湖が海から閉じた版、といったところですね。



トレッキングコースを高台まで登ってくると展望所に至りました。 本来なら礼文岳が見える方向ですが、あいにくの曇り空で残念。



高台から久種湖へ下りて行きます。 湖畔から少し上の斜面には野鳥観察小屋があり、湖畔には綺麗なキャンプ場もありました。 それと、久種湖には「久種湖悲恋伝説」というものがあり、恋の悲しい物語、といった内容でしたよ。 詳しく書くと長くなるので(笑)、気になる方はgoogle検索してみてくださいね。

撮影機材: CASIO EX-ZR3000

礼文島 高山植物園 レブンアツモリソウ(2017年8月10日)

イメージ
礼文島の北部にある高山植物園で一輪だけ生き残っていたレブンアツモリソウ。 花期が6月ということを考えると、8月過ぎに見ることが出来たのは奇跡でした。



写真左の上下のシャーレに入っているのはレブンアツモリソウの蒴果(さくか)です。 右の上下のシャーレに入っているのは蒴果の中に入っていた種子です。



種子は砂粒よりも小さなものでした。 くしゃみをすると全部吹き飛んでしまうのは確実ですね。
このレブンアツモリソウは、無菌培養されたものとのこと。 鉢植えで咲かせようとしても、なかなか思うようには咲いてくれず、いまだにどうやったら確実に咲かせることが出来るのか、良くわからないとの事でした。
今度は是非とも自然に咲いている姿を見たいものです。

撮影機材: CASIO EX-ZR3000

礼文島 チシママンテマ(2017年8月10日)

イメージ
ナデシコ科のチシママンテマ。 ちょっと変わった形をしています。



7月中旬から8月上旬までが花期となっています。 なんとか見ることが出来ました。といったところです。 他の地域で見た記憶はありませんが、ネット検索してみると、道東などでも見られるそうですよ。

撮影機材: CASIO EX-ZR3000

礼文島 レブンソウ(2017年8月10日)

イメージ
マメ科のレブンソウ。 花期は6月中旬~8月下旬まで。息の長い花です。

撮影機材: CASIO EX-ZR3000

利尻島 礼文島に沈む夕日(2017年8月6日)

イメージ
夕暮れ時、礼文島に沈む夕日を見に行った。 ただただ、綺麗な夕日だった...

撮影機材: CASIO EX-ZR3000

礼文島 北のカナリアパーク(2017年8月9日)

イメージ
吉永小百合さんが主演した映画「北のカナリアたち」のロケ地、それが「北のカナリアパーク」です。 パンフレットによると、ここから見た利尻が一番美しいとのことですが、当日は見ることが叶いませんでした。



映画で見た雰囲気そのままなのがとてもいいです。



麗端小学校岬分校。



校舎正面です。 強風の中、結構多くの観光客が訪れていました。



吉永小百合さん、美しいです!見とれます!!(笑)



なんだか自分の小学校の頃を思い出す教室です。



いまにも子供たちと先生が出てきそう。 とてもリアルなのです。



どうしてなんだろう。 すごく懐かしい気持ちになりました。



あった、あった。 学校にこういう銅板、作って飾っていました。 懐かしいなぁー...
普段は、あまりこの手の観光地に足が向かないのですが、ここには来てみたいと思ったし、来て良かったと思ったのでありました。 自分でもちょっと不思議でした。 う~ん。やっぱり、いい映画だったからでしょうね~。

撮影機材: CASIO EX-ZR3000

礼文島 ハナイカリ(2017年8月9日)

イメージ
この花は、ハナイカリ。 花怒り、ではなくて、花碇。 船のイカリの形に似ているからハナイカリだそうです(翌日訪れた高山植物園の方に聞きました)。 国内各所で見ることが出来る花のようですが、私は初めて見たような気がします。

撮影機材: CASIO EX-ZR3000